あえなく奴隷になったエリナは幼馴染との幸せな生活を夢見る

エリナの奴隷日記 -わたし、ママになります!-は、我らがエリナ嬢のもう1つのストーリーです。
1,000円でお釣りが出る価格であるものの、フルプライスに負けない、充実のエロゲ―に仕上がっています。
前作のエリナの借金返済物語 -私、なんでもします-をプレイしていなくても、十分に楽しめる内容です。

奴隷になったエリナの世界線

今度は、お嬢さまが売春するのではなく、お嬢さまから奴隷に落とされます。
自分の意思で断わる権利すら持っていないので、正真正銘のピンチです。

今度は奴隷に落とされる

前作の『エリナの借金返済物語―私、なんでもします―』は、借金の形に屋敷を差し押さえられただけ。
しかし、今回は謎の人物が借金を肩代わりしてくれたので、エリナは売春をせず、近所の親切なオジサンを初体験の相手にしなくても良いのです! やったね!!

その代わりに、エリナは眠らされて、奴隷牧場へ送られてしまいますけど……。

奴隷は基本的に物であって、どのように扱うのかは所有者が決めます。
現実でも、過去に奴隷制度がありましたが、滅ぼされた国の貴族などの知識階級は優遇されたことも多いです。
まあ、恋愛小説を読んでいるぐらいのエリナは、普通に性奴隷ですが……。

サブタイトルが、そのままエリナの末路を示しています。
借金を肩代わりしてもらったうえに、彼女が自分から「何でもする」と言ったのだから、当然の話です。

借金どころか自分の身すら危険

奴隷牧場では、その名の通りに、多くの奴隷が暮らしています。
所有者が自ら世話をすることはなく、その部下である看守や兵士、あるいは、各部署を任されている幹部の指示に従うのです。

しかしながら、一から十まで看守が見張っているわけではなく、物陰などでは男の奴隷が「女の奴隷を楽しもう」と企むことも……。

エリナは何の説明もなく、いきなり人間牧場に送られました。
ゆえに、自分がどういう立場で、周囲がどうなっていて、誰がいるのかも分かりません。
手探りで情報を集めつつも、必死に楽しかった日々が詰まっている屋敷に帰ろうとする少女。

薄幸の少女は、自分が高級娼婦として調教される予定と聞かされ、焦りながら脱出する方法を探っていきます。

前作とは別の世界線だから安心

『エリナの借金返済物語―私、なんでもします―』は、街でスケベな男たちの相手をしながら、お金稼ぎ。
貧乏ではあったものの、人間として扱われていたので、嫌ならば拒否することも可能でした。
前作の紹介については、こちらをご覧ください。

奴隷に落とされた今作は、売春をしていた前作とは全く別の話です。
したがって、借金を完済したのに、また奴隷というハードモードになったわけではありません。

借金の返済を迫ってきた時点で、そのまま追い出されたのが前作で、肩代わりされたのが今作です。
冒頭のシーンでは、借金取りが借用書を突きつけるところまでは、ほぼ同じになっています。
意識を失った後には、どこまでも暗く、いかにもジメジメした地下世界です。

奴隷牧場では人間扱いされない

弱い者は、より弱い者を虐げて、その利益を吸い上げ、憂さ晴らしを行います。
腕力、知識、機転と、あらゆる点で劣っているエリナは、涎が出るほどの美味しい獲物でしょう。

看守や兵士に媚びるだけの奴隷

奴隷牧場では、武装している兵士や看守が幅を利かせています。
彼らに逆らえば、他の奴隷への見せしめとして、鞭打ちや輪姦による制裁が待っているのです。

作中では、エリナが奴隷の居住区をうろついている中で、他の女奴隷が虐げられている場面にも遭遇します。
本来の彼女でしたら、「やめなさい!」と声を荒げたかもしれませんが、同じ奴隷になった今では「次は自分の番だ」と怯えるのみ。

他の女奴隷たちは、絶対的な立場である男の兵士に媚びを売って、自分の胸を揉ませたり、吸わせたり。
腕力がない分をカバーして、同時に自分のストレス発散をしています。
優男に人気が集まるのは、地の底であっても変わりません。

一部の女奴隷は、他の男奴隷を上手く使って、自分の身を守りつつも、脱獄を狙っています。

無垢なエリナは格好の獲物

エリナは、まさに深窓の令嬢。
老いた執事に傅かれて、自分の部屋で静かに本を読むのが日課です。
そんなエロの「エ」の字も知らない少女が、いきなり暴力と凌辱が当たり前のアンダーグラウンドへ。

無垢なエリナは、それに反して、男が思わずそそり立つほどの肢体。
当然、他の奴隷に話を聞くために近寄っただけで、欲情されます。
ところが、本人だけは、そのことに危機感を持っておらず、どっちみち避けては通れない状況です。

胸を揉まれる、吸われるのは、まだまだ序の口。
素股プレイを強要されて、エリナは自分が女であることを意識させられます。
うっかり男たちが屯している部屋の暗がりに進めば、隣に幼馴染の少年がいる部屋で暴行されることに。

Hシーンは、カットインと立ち絵のみで、CGはありません。
けれども、アニメーションに勝るとも劣らない演出によって、オカズとして役立ちます。
SEがついたので、臨場感が大幅にアップ!

エリナは高級娼婦で多少は優遇

奴隷牧場で目を覚ましたエリナは、他の女奴隷よりも上等な服を着ています。
かろうじて大事な部分を隠すだけの服は、高級娼婦の印。
他の奴隷たちも一目で分かるので、奴隷牧場の幹部の不興を買わないために遠慮します。

言われるままに動くエリナは、自分の意思だけで逆らえません。
前作の『エリナの借金返済物語―私、なんでもします―』ですら、街の男たちの言いなりでした。
今作のように、逃げられない奴隷であれば、尚更。
エリナの特別扱いは、とても上手い設定です。

地下の幹部のお気に入りでも、失うものがない奴隷たちはエリナのいやらしい身体を楽しむ機会を窺っています。
そのため、穴を突かれるだけの隙を見せた時点で、彼女はアッサリと処女を散らしてしまうのです。
この絶妙なバランスによって、適度な緊張と、脱走への望みをつなげます。

幼馴染のジークを救えるか?

街でエリナが連れて行かれるを見た少年が、彼女を助けようと奮起。
しかし、武器も持たない小僧が、奴隷商人たちに勝てるわけもなく、あっさりと囚われました。

エリナを救おうとした男の子

ジークは、エリナと同じ街に住んでいました。
彼女を救出できなかったうえに、逆らったことで奴隷牧場行きに……。

エリナの視点では、荒んだ人が蠢く地下で、唯一の知人です。
冒頭のシーンにおいては、状況が分からないままレイプされそうになった自分を救ってくれた恩人でもあります。

「ジーク君だけでも、街に帰す」
エリナの決意は、屈強な男ですら諦めそうな地獄でも、大きな原動力になっています。
セクハラをされても、あるいは、貫通をされても、彼のために我慢するのです。

肝心のジークですが、冒頭で勇ましくエリナを救った後は、怪我によって大人しくする羽目に……。

そうしないと何かにつけて、少年が出張ってくるので、仕方ない話でしょう。
人間牧場で偉い人の情婦になるエリナとは違い、彼がイキったら即座に殺されるだけです。

ジークは基本的にNTRされる立場

『エリナの奴隷日記―わたし、ママになります!―』は、ジークの決意がムダに終わります。
なぜなら、サブタイトルが全てを示しているからです。

ジークの視点では、ずっと思いを寄せていた可憐な少女をNTRされます。
武器がなく、それどころか足を捻挫して、碌に動けない状態。
エリナが脱出する方法を探しに行った後、ひたすらに待つしかできません。

脱走に失敗して、磔からの輪姦。
妊娠させられたうえに、腹ボテで広場を歩かされて、そのままHされ出産まで。
大事な女の子が惨い仕打ちをされている中、ジークは自分が売られるまで待つのみ。

エリナは調教室で、専門の調教師から腹パン、ヤクを打たれてのキメセクで屈服させられます。
前作よりも全体的にハードで、そういったHシーンは事前に確認が出ることが多いです。

上手く行動して処女クリアを目指せ

今作では、エリナを処女のまま、クリアできます。
『エリナの奴隷日記―わたし、ママになります!―』にあるまじき話ですが、ダークな世界観だけに、救いがあるのは嬉しい話ですね。

前作はストーリー的に処女クリアが無理だったので、「プレイヤーの行動で、ハッピーエンドにしたい!」という要望が反映されたとも言えます。
今回は、ジークという幼馴染がいるから、エリナの処女を守る動機付けもあるのです。

その反面、エリナが無事に助かっても、ジークと愛し合う結末に収束していきます。
カップリング派には思わずニッコリでも、「俺のエリナが、他の男に!?」と嘆く方もいるでしょう。

ジークはだいたいNTRされるので、それほど気にする必要はありません。
最高の形で助かるとしても、奴隷牧場の数々のセクハラ、本番に限りなく近いプレイは、結局エリナを染めていたのです。

緊迫したフィールドから脱獄

エリナが探索するのは、日の当たらない、地下です。
体験版を遊んでみることで、その完成度の高さがよく分かりますよ。

地下の巨大な牢獄は1つの街

どれだけ狭く、他者に支配される空間でも、2人以上がいたら、人間関係ができます。
同じ奴隷であっても、奪う者と、奪われる者に分かれることに……。

奴隷牧場は、あくまで一時的に奴隷を閉じ込めておくだけの場所です。
したがって、高級娼婦にされる予定のエリナは、完全に調教され、腹ボテになる前に脱出しなければなりません。

エリナ以外の奴隷についても、男なら鉱山労働などの仕事を行うことで、奴隷牧場の中でそれなりに暮らしています。
現実では、タコ部屋のように、どれだけ頑張って働いても、外の10倍以上のボッタクリ価格の物販で毟り取られる構図がありますよね。

ともあれ、奴隷牧場にも様々な思惑があって、機嫌を損ねただけで壁尻の扱いにしてくる兵士もいるのです。

Hシーンは29で、基本の立ち絵は4枚。
通常、腹パン差分、拘束差分、ボテ腹の差分を含めた、合計4枚です。
カットインは、差分を含めて211枚以上もあります。
出産や腹パンといった過激なシーンは、スキップ可能。

彷徨うエリナは元の街へ戻りたい

自分を愛してくれた両親と一緒に暮らしていた、街の屋敷。
借金そのものは完済しているので、奴隷牧場から逃げ出せれば、まだ普通の生活に戻れる可能性があります。

問題は、奴隷牧場からの脱出が、ほぼ不可能であること。
他の奴隷たちも逃げ出したいと思っているのに、見張りの兵士や看守、あるいは厳重なセキュリティが行く手を阻みます。

エリナは何も知らないので、いちいち他の奴隷などから情報を得る必要があります。
しかし、その代償として、様々なセクハラ、悪ければ本番まで許すことに……。

『エリナの奴隷日記―わたし、ママになります!―』は、前作と同様に、多くのイベントが用意されています。
10以上のイベントが、プレイヤーの行動によって、あるいは、ストーリー上で展開されます。

わたし、ママになります!

このサブタイトルからも分かる通り、「正史で、エリナは助からない」と考えるべきでしょう。
街で売春をするシチュエーションとは訳が違うので、彼女の細腕の手に余る事態です。

腹ボテは、前作で「これも欲しかった」と熱望されていた要素で、これによってファンはもちろん、新たな購入者も満足しています。
逆らった罰として、首と両方の手首を固定され、晒し者にされたエリナは、まさにボロボロ。

Ver1.2で、奴隷牧場にいるサブキャラである『ルカ』のHイベントも追加されました。
エリナのみだった前作とは違い、ルカが地下に連れてこられた際の処女喪失などを見られます。

大人しく待っていても、近い未来に調教され、ママになる未来だけ。
負傷した幼馴染を助けることを含めて、エリナは己の絶望的な運命を覆すべく、動き出します。

より完成されたゲームシステム

プレイのしやすさは、前作を大きく上回っています。
詰み防止のポイントを除き、いつでもセーブできて、すぐにロードで、快適な操作環境です。

暗い穴倉をしっかり再現したマップ

洞窟を改装したと思われる奴隷牧場は、看守が見張っている牢屋、多くの奴隷が勝手に過ごしている居住区などの各エリアに分かれています。

低予算ではマップが限定されるものの、奴隷たちを閉じ込めておく場所とすることで、説得力があります。
また、各エリアで移動させることで、実際よりも広い空間であると思わせているのです。

所々のランタンで、ようやっと視界が確保されている穴倉。
プレイヤーが見やすいように工夫されていながらも、この世の地獄である雰囲気がたっぷり!

どこにモブがいるのかで迷うことは少なく、任意でON・OFFができる【ヒントモード】も実装されています。
次に何をするべきかが明確で、やはり時間がないから、サクッと楽しめるエロゲ―が欲しい方に最適です。

快適にプレイできて自由度もある

体験版を遊んでみると、本当にすいすいと最後まで進みます。
まず、エリナの立ち絵が可愛くて、次にドット絵によるイベントが要所にあるのです。

ゲームでストレスを感じるのは、「バグが多い」「ストーリーが分かりにくい」「同じ作業を繰り返す」といった要因になります。
『エリナの奴隷日記―わたし、ママになります!―』は、それらを丁寧に潰していて、周回プレイをする方が続出です。

体感として、プレイヤーの意思で選べる自由度もあります。
かなり陰鬱な設定であるのに、雰囲気としては明るいです。
あくまで、「凌辱系としては」の話ですが……。

戦闘はボスぐらいで、冒頭のチュートリアルでも分かるように、弱点を突きます。
レベル上げがなく、その点でも気楽に遊ぶことが可能です。

落差が激しいマルチエンディング

前作と同じく、マルチエンディングです。
処女クリアによるハッピーエンドがあるので、よりドラマティック。

性奴隷にされたエリナは、巻き込まれた幼馴染との脱出に尽力します。
決して前作を否定するわけではないのですが、個人的にはこちらが好きですね。
エリナが好き放題されることに、納得できるので。

地下に囚われて脱出するのは、定番のシチュエーションです。
しかし、そのお約束をここまで上手く昇華できたのは、ひとえに『にんじんパスタ』様の手腕。
DLsiteからのリンクとして、製作者さまへの支援ができる、ファンクラブもあります。
新作のチェックや、直接的な応援になるので、一度ご覧になってください。

限られたリソースで、どれだけ面白いエロゲ―を作れるのか?
『エリナの奴隷日記―わたし、ママになります!―』は、その回答です。