聖騎士と性騎士はよく似ている!3Dで横スクロールと屈服H!

気高い聖騎士が快楽に屈服すれば、その背徳、情けなさで最高のショーです。
聖騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹には、その快楽の全てが詰まっています。
ずっとパソコンに保存しておき、たまにプレイしたくなる、同人エロゲの傑作です。

属性がてんこ盛りで大満足

萌えとH、その全てがこの同人エロゲにあります。
可愛らしい聖騎士リッカは、暴力に屈して、女の身体を開発され、快楽に染まるのです。

村娘から聖騎士という勝ち組へ

騎士は、選ばれし存在です。
時と場合によっては貴族にも数えられ、任された領地からの税収があります。

聖騎士は、その中でも特別視されます。
主に教会、祀っている神のために動いており、物語によっては普通の騎士団の上です。
まさに、勝ち組!

村娘のリッカは、とある山村に住んでいます。
採取した山菜、ハーブを売ることで、細々と生計を立てる身の上。
ところが、不思議なブローチと妖精を見つけて、穏やかな生活が一変することに!

淫魔サキュバスに改造された姉

光があれば、そこに影もある。
その伝承の通り、リッカの姉であるミリアは、淫魔サキュバスに改造されてしまうのです。

山村で一番の美人。
男たちが股間を反応させて、「いつか俺の女に!」と願っていた。
そんなアイドルが!
男に最高の快楽を与える、サキュバスに!!

でも、妹を大切に思う気持ちは変わらず。

心配性で心優しいミリアは、妹のリッカを大事に思っています。
「姉妹が殺し合うのは、耐えられないわ!」
だから、聖騎士になったリッカを捕らえて、雌犬奴隷に調教します。

男に媚びを売って、喜んで腰も振る、痴女リッカ。
そんな末路も楽しめるのが、『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』です。

この妖精は果たして必要なのか?

妖精のイーリスは、神様のしもべ。
リッカが聖騎士になったことで、彼女のパートナーになりました。

聖騎士の体内に入れる能力と、魔法を使える能力を持ち、戦闘中にサポートしてくれます。
いわばツンデレで、人間とは違う時間で生きているだけあって、物知りです。

小さな姿でも、立派な美少女。
4つの羽で飛び回って、リッカとの会話も行います。

イーリスは単なるマスコットで、聖騎士リッカが負けたら、彼女を助けることができません。
敗北Hによっては、珍しい妖精として売り飛ばされることも……。

変身少女は圧倒的な力を得る

神の加護がある聖騎士になったことで、ただの村娘は力を持ちました。
その鎧、ロングソードによって敵を打ち倒し、離れた場所や高所にもジャンプできます。

性能は高いが扱っている少女はヘタレ

聖騎士に変身すれば、巨大なゴーレムにも勝利できます。
しかし、武具がある姿とはいえ、リッカはただの村娘です。

それゆえ、ゴブリンたちに凌辱された女たち、天を覆うほどの大きなモンスターを見て、思わず座り込むことも……。

一部の敵、トラップは、リッカの大事な部分をピンポイントで刺激します。
処女を失ったばかりの彼女は、戦っていく中で、どんどん開発されていくのです。

その先に待っているのは、火照った身体で男を誘う淫魔か、目に光を失くして喘ぐだけの玩具か……。

『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』で敗北すれば、リッカは全てを奪われます。
あるいは、秘めたる肉欲に溺れ、甘えた声で男を誘う、一匹のメスに。

同人エロゲとは思えない完成度の高さ

ゲームの完成度は、時間に正比例します。
いくら個人でも制作する環境があるとはいえ、素材を作って、それを組み合わせ、バランス調整などを行っていくのです。

平均3年。
それだけの時間をかけて、本業の合間にBGMなどを揃え、少しずつ実装していきます。
全てを自分で作るのは難しく、お金を払って外注するのが基本です。

オンラインで販売しても、同人エロゲは商業ブランドに劣ります。
ゆえに、それぞれの性癖にマッチングさせて、ボリュームの少なさを補うのです。

ところが、『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』は、商業ブランドと同じ。
キャラの動き、難易度で甘い部分がありましたが、すぐに修正。
そのクリエイターとしての姿勢は、DLsiteのランキングが全て一桁。
累計ですら【トップ5】という、輝かしい実績に!

高スペックのPCが必要になる

注意点は、高スペックのPCを要求されることです。

何しろ、3Dでグリグリと動いて、ボイスあり、表情やモーションも豊か。
その分だけ、描画できるだけのPCが必須です。

【設定】で解像度などをカスタマイズできるものの、やっぱり最高の画質でプレイしたいのが人情。

さすがに『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』のために新調することは難しいでしょうが、覚えておいて損はありません。

DLsiteの体験版では、「表示する状態による動きの違い」がよく分かります。
グラフィックボードを搭載していないか、古いPCだと、少し厳しいかもしれません。

低画質だと、けっこうピンボケするから、高性能のPCで遊びたいところ。
ゆっくり動くリッカを待つのは、けっこうイライラします。

イベントシーンの熱血と敗北H

3Dを活かした、まるで舞台を見ているかのような、迫力のイベントシーン。
それに対して、いざHイベントになれば、ねっとりした絡みです。

ステージの最初と最後でイベント

ステージ選択では、簡単な説明があります。
選ぶとイベントシーンに入り、聖騎士リッカと、他の登場人物が会話をするのです。

カメラワークと、表情が変わるリッカは愛らしく、どんどん感情移入。
アクションゲームの動きを活かして、本当に人間らしい動きです。

ボイスについては、重要な場面で喋ります。
左下に話している人物の顔が表示されるため、本人の背中しか見えない場面でもストレスなし!

ステージ終了の時にも、「どうなったのか?」のイベントシーンです。

横スクロールのアクションゲーム

肝心のアクションゲームは、3Dで表示された空間。
横スクロールで、右側に向かって、聖騎士リッカを進めていきます。

立ちはだかる敵は、切り捨てるか、避けていきましょう。
魔物を倒すと入手できる【マジックストーン】を集めれば、スキルや必殺技を習得できます。
先に進むために需要なスキルもあるので、しっかりと説明を読んでおきましょう。

節目となるステージの最後には、中ボスが待っています。
【2段ジャンプ】などの役立つスキルを揃えて、戦闘を有利に進めることをオススメします。

美麗なグラフィックのわりに操作性が良く、ゲームパッド対応です。
回想モードも、あります。

負けたら徹底的に凌辱されるリッカ

『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』は、敗北した聖騎士リッカがどこまでも凌辱されます。
「どれぐらい、救いがないのか?」というと、彼女が廃人になるぐらいです。

「関節を砕かれて、下腹部が盛り上がるほど突き上げられる」
「大勢に回され、最後は白濁した液体のドロドロで、お腹が大きくなった状態で捨てられる」
のように、トドメを刺してやったほうが有情な感じ。

ステージの途中にエロトラップもあり、Hな雰囲気もあります。
また、武器や防具はそれぞれ使い勝手が異なるため、本格的なアクションゲームです。

Hイベントは基本的に【敗北】する必要があるものの、クリアしたステージなら選択画面で任意に解放できます。

Hシーンはテキストと3D空間

アクションゲームの空間で、左下に【エッチシーン発生】のお知らせが出たら、さっそく敗北。
すると、待望のHイベントが始まります。

聖騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹

コースメニューがずらりと並ぶ

『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』の敗北Hは、右上にプレイの内容があります。
スタートは「捕らえられたリッカ」であれば、次に「スライムがア○ルへ侵入」と、女体が開発されていく流れ。

メニューを選ぶと、すぐにそのシーンを楽しめます。
自分が好きな場面をずっと眺められるうえに、画面の端にあるコマンドを選び、【視点位置】の切り替え、【ズーム】の調整まで可能。

視点移動が自由なため、好きな位置へ移動できます。
3Dのメリットを最大限に活かしており、このHイベントだけでも販売できるほど。

あらゆる角度から、凌辱されるリッカを楽しめる。
しかも、後述する【カスタマイズ】は、このHイベントにも反映されるのです!

テキストによる心情や状況の説明

アドベンチャーのように、文章が表示される場面。
こちらで、「リッカの心情や状況」が説明されて、否が応でも期待が高まります。

Hイベントは、敗北したリッカの後日談です。
魔物や盗賊によって嬲られ、「気持ちいい」と思わず呟き、甘い鳴き声を上げ続けるメス一匹。
彼女は、そこらの地面、汚い床に押し倒され、抵抗すらできずに股を広げられ、そのオッパイを揉まれます。

3D空間のHは、まだ少女の可愛らしさを残したリッカの頑張りどころ。

オッパイが、ゆさゆさ。
身体も跳ねて、竿役によって文字通りに汚されていきます。
もちろん、ボイス入りです。

具体的には、敗北によるイベントシーンがあって、そのまま敗北Hへ。

スライムのように無機質に責め立てる場合は、もはや光のない目で呻くだけ。
異常なプレイによる快楽で、心が砕けたメス犬に。

3D空間だからご自由にどうぞ

どの角度からでも見えるためには、全てを計算しなければなりません。
ゆえに、そういった同人エロゲは「3Dで複数の視点によるHイベントを楽しめます」とアピールしています。

この『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』は、マウス操作による視点移動、メニューによる体の各部位への注目、もしくは敵の視点と、実に豊富です。
しかも、「どう操作すればいいのか?」で迷いにくく、直感的に選べます。

本編を進めるよりも、様々な角度からズポズポされるリッカを眺めることで、時間が過ぎていくほど……。

同じフィールドを意識しているため、「アクションゲームから同じ空間にいるのだな」と実感できます。
ここは、背景が一色の謎空間になるパターンも多く、雰囲気を盛り上げるHにしたのは英断です。

カスタマイズで自分の理想のリッカ

アクションゲームで集めた【マジックストーン】によって、聖騎士の武器、衣装を買えます。
見た目が変わるだけではなく、それぞれに性能が異なるのです。

自由に着せ替えできる

着せ替えのバリエーションは豊富で、標準の恰好から、全く別のゲームのようにも変えられます。
たとえば、完全なメイド服、ビキニ、バニースーツと、「それが聖騎士?」と突っ込みたくなる服装にも。

基本的に、ストーリーを進めていくと、ご褒美として衣装が増えていきます。
そして、イベントシーン、敗北Hに反映されるから、乳首だけ隠すニップレスで、真面目な台詞を吐く聖騎士リッカも見られます。

ぶっちゃけ、シリアスブレイカー。
でも、こういう遊びをしっかり行えるのは、同人エロゲだからこそ!

ストーリーは重厚だから、初回プレイは変えずにクリアしたほうがいいかも……。

乳首の長さまでキャラメイク

「リッカは、【カスタマイズ】によって別の姿に!」

これは文字通りの意味で、モデリングのように、髪の色、目の色、肌の色、胸の大きさと、あらゆる項目を手軽に変更できます。
同人エロゲだから、オッパイの先端にある乳首の長さ、乳輪の大きさ、角度、揺れ方まで!

作品紹介のムービー、DLsiteの商品ページにもありますが、本当に原型を留めないほど変えられます。
自分の理想のオッパイで遊べることは、3D空間の視点移動のHと併せて、まさに至高の一時です。

キャラメイクができる同人エロゲは多いものの、衣装を含めて、ここまで徹底したのは最初で最後でしょう。

『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』のHイベントはどれも飽きのこない完成度で、ステージ数もたっぷり。
「この値段で、ずっと遊べるのか!」と驚くほどのエロさ、面白さです。

サクサクと敵を倒してネットリH

アクションゲームは、難易度の変更と、スキル習得によって、遊ぶほどに上達を実感できます。
そして、敗北したら、聖騎士リッカはねっとりと責められ、穴で喜ぶメスに変わるのです。

本編でも、リッカは自分が汚されたことに悩み、姉の変わり果てた姿に悲しみます。
処女クリアはできず、人々もたくさん犠牲になり、聖騎士になった彼女でも限界があります。

それでも、負ければ正気を失い、穴のある人形として扱われ、最後はゴミのように投げ捨てられる末路。
これは生存競争であり、勝たなければ、どこまでも嬲られるだけ。

快適なアクション、何回でも楽しめるH、自分好みに変えられるリッカ。
同人エロゲの最高峰となった『騎士リッカの物語 白翼と淫翼の姉妹』は、体験版なら無料で遊べます。