ツヨツヨな女の子がHな事をされてHになっちゃうアクションゲーム!

可愛くて強い女の子が、どんどん情けなく、淫乱なドMになるアクションゲーム。
エリスディスノミアに登場するエリスは、雑魚を薙ぎ倒します。
しかし、醜いモブ敵にH攻撃をされ続け、自分から大きな尻を振ることに……。

ズババッ!と敵を薙ぎ倒す快感

十字キーと2つほどのボタンで、ストレス解消ができます。
簡単でありながら、画面上の美少女は驚くべきスピードで動き、敵を倒していくのです。

ボタン連打で簡単に吹っ飛ばせる

『エリスディスノミア』は、キーボードの他に、ゲームパッド対応です。
キーコンフィグもあって、初心者でも楽しめます。

前作のアユラクライシス!(詳しくは、こちら)と、主人公のキャラデザインが似ている?
細かいことは、気にしない!

敵に近づいたら、攻撃ボタンを連打しましょう。
方向キーやジャンプで、武術の達人らしい、連続攻撃を繰り出します。

主人公のエリスを中心に、どんどん敵が出現します。
「一定数を倒すまで、上から落ちてくる場所」もありますが、基本的に自由です。

左から右に進んでいくアクションゲームで、いくつかのエリアを抜ければ、最後にボスが登場。
イベントシーンから戦闘に入り、勝てばクリア。
負けた場合には、専用の【敗北Hイベント】へ……。

アクションゲームとして完成度が高い

とにかくスピード感があって、ドドドドと進みます。
「モッサリしている」と感じることはなく、適当にボタンを押しているだけで、多彩なコンビネーションによる攻撃です。

飛び蹴り、前に進みながらの拳と蹴りによるコンビネーションと、爽快なアクションが繰り広げられます。

DLsiteの体験版では、2ステージを遊べます。
【全5ステージ+闘技場】という中で、ほぼ半分が、基本無料です。

初期4枠ある【スロット】で、【アビリティ】をセットすることで強くなる。
アクションゲームでありながら、RPGとしての面白さも!

敵を倒すと入手できる【オーブ】を消費して、「HPアップ」などのアビリティを解放です。
プレイヤーの自由にエリスを強化できるうえに、そのパッシブスキルを任意につけ外しすることで、いつでも最適な状態にカスタマイズ可能。

自然にHイベントが発生する

『エリスディスノミア』は、ドット絵のままで進行します。
CGがない代わりに、操作しているエリスは常に動き続けるのです。

鮮やかに武術を見せていたエリスが、敵の攻撃によるスタン状態からの追撃で、雑魚によるセクハラ攻撃を受けていきます。
このH攻撃は累積で、ステータス画面でどんどん【変態性癖】の追加へつながり、さらに各ゲージが溜まっていく仕組みです。

エリスを変態マゾにすることが、本作の目的。
普通のRPGなら、経験値を溜めてのレベルアップですが、この同人エロゲではMに墜ちていきます。

「無様に交尾される、洗脳されて自分からオナニー、恋人と思わされてのラブラブH」
エリスは普通に戦えば強いのに、オッパイとマ○コを持つ女であることから、オホ声で鳴くだけの生オナホに……。

エリスディスノミア

エリスはどんどんM女になっていく

洗脳されて、媚薬で疼かされて、単純に組み伏せられて、ドMへと調教されます。
ステージの構造は単純ですが、次々に出てくる敵の責めは、どこまでも容赦ありません。

H攻撃を受けるほど淫乱になる

アクションゲームのため、リアルタイムで処理されていきます。
受けたダメージや状態異常は、どんどん箇条書きで表示されていくのです。

敵のH攻撃で、上のお口、オッパイ、お尻、膣などがヨワヨワに。
また、「変態露出マゾ」「底辺媚びメス」といった、情けない【性癖】が加わります。

同じH攻撃を受け続ければ、その性癖が進化します。
たとえば、前述の「変態露出マゾ」は、「露出癖」→「露出好き」→「変態露出マゾ」と3段階に変わっていくのです。

何と、100種類以上の性癖が用意されていて、エリスをどこに出しても恥ずかしい、ドMにできます。
「おねだり」のように、すぐHシーンに移行するシステムも完備!

ドットアニメは、本当にヌルヌルと動きます。
パッと見て、「え? 古臭い画面だなあ……」と食わず嫌いの方は、ぜひお試しくださいませ。

同人エロゲでけっこう珍しいM女

ちっぱいで、そのかわりに巨尻。
童顔の美少女として、エリスはけっこう珍しい造形です。

キビキビと動くエリスは、情けない状態でH行為。
それも、悪いイケメンではなく、顔も描写されていないモブ男など、しょうもない相手にです。

音声はありませんが、吹き出しでエリスが喋り続けます。
オンラインRPGのような雰囲気。

そして、最初はまともな台詞だったエリスが、「やんっ❤」「レ○プなんて、だめぇ♥」と成すがままにズコズコされるのです。

ドット絵だから実現できた、トロ顔、腰振り、がに股は、本当に抜けます。
下手に音声が入ったら、逆に鬱陶しかったでしょう。
スピード感あふれるアクションと、同じく生身の女のように動くHを楽しめる、至高の一品です。

オナニーだけで数種類もある!

エリスは、特定のモブ敵からのH攻撃で、オナニーを覚えます。
絶頂することで習得して、最終的には6種類ほど。

オナニー道は、1日にしてならず。
まずは、オナニーをすることで、「こそこそオナニー」の性癖を取得しましょう。

『エリスディスノミア』は、エリスがよくオナニーを始めます。
「オナニーをする」というHスキルを取得せずとも、勝手にオッパイと股間に手を伸ばして、弄っていくのです。

切なそうな顔で、「こんな場所で、オナニーをしたらダメ!」という台詞。
でも、ついに我慢できず、お気に入りのオナニーを始めます。
左右を敵に囲まれていようが、ボスとの対戦であろうが、お構いなしに……。

股間からトロトロと、粘り気を感じさせながら、内股を垂れていくマン汁。
動きによっては飛沫で、本当に女がマ○コで感じているような演出です。

ドット絵だから動く!迫力がある!

『エリスディスノミア』は、実際にプレイしてみて分かる部分が大きいです。
「時間が必要なRPGは、かったるい!」という方にこそ、試してもらいたい同人エロゲ!

生身の女を思わせる動きと興奮

簡単な操作で、エリスは右に進んでいきます。
ドット絵のため、CGにはない躍動感。

アクションの動きは、商業作品と同じぐらいの豊富さです。
ジャンプからの飛び蹴り、地上で前に出ながらの連撃、武器による攻撃と。
初心者でも、自由自在にコンボを繰り出せます。

さらに、難易度も変更可能。

  1. イージー
  2. ノーマル
  3. ハード
  4. ヘル

以上の4つの難易度があって、拠点ですぐに変更できます。

最も簡単であるのが、【イージー】です。
下になっていくほど難しく、【ヘル】にした場合は、雑魚ですら強敵に!

難易度による特典はないため、自分にちょうど良いものを選びましょう。

作り込みが素晴らしく、同じ雑魚でも動きが全く変わります。
「タイミングがシビアになる」といった、歯応えを感じることが可能です。

ステータス画面でエリスの調教を確認

ステージ中のH攻撃と、敗北による「テキスト有り」の濃厚なH。
この2つで、エリスはどんどんスケベに変貌していきます。

回復アイテムなどを使える【ステータス画面】では、それぞれの感度、性癖も表示しています。
プレイヤーの手で、「挿入されていないけど、オッパイを弄られるだけで連続アクメ」といったエリスに仕上がっていくことに……。

ただのドMでは、恥じらいも失われます。
しかし、普段のエリスには貞操があるから、「必死に抗うも、体が覚えている快楽や、催眠などによる発情に負けていく」という、女を堕としていく過程もじっくりと楽しめる環境です。

製品版では、アイテムショップで【タンス】を購入することで、エリスの服のカラー変更、「タイツから靴下への変更」と、カスタマイズ可能。
コスプレと言うほど豊富ではありませんが、自分の好みに近づけることで、より愛着が湧きます。
着脱を細かく指定できるので、フェチの方も大満足!

強い美少女がモブ敵に腰を振る

普段は凛々しくて強いけど、発情した途端に、内股でモジモジ。
攻撃をしても、駄々っ子パンチや、むしろ誘っているだけのヒップアタックに。

このギャップこそ、『エリスディスノミア』の最大の魅力です。

他の同人エロゲでは、敵も加減している感じがありますが、こちらでは本当に容赦しません。
喜んで腰を振り、チ○ポを求めるだけのメスにします。

ドット絵によるアニメーションで、股間から蜜をダラダラと垂らし続けながらも、Mの悦びでさらなる行為を期待するエリス。
特に、ボスなどの敗北Hは、ストーリー性があって、最高に抜けます。

ドット絵だからこその、おねだりの表情。
滑らかな腰の動きと、女体の曲線美。

吹き出しの台詞や、周囲の空間がピンク色に染まっていき、エリスは終わりなき快楽に呑まれていくバッドエンド……。

ではなく!

開発されたエリスは、再びステージに戻るのです。

「いやん、いやん」と抵抗しながら、あっさりと快楽に耽るエリス。
覚えたオナニーも、いきなり始めます。
彼女は紛うことなき、ドMの血筋です。

本人が悦ぶから、悲壮感は全くありません。
「可哀想は抜けない」という方でも、おそらく大丈夫でしょう。

2種類の戦闘スタイルで爽快!

今作では、「鎌による白兵戦」と「銃による掃射」の2つの【スタイルチェンジ】があります。
敵を攻撃すると溜まるMPを消費すれば、拠点で選んだほうに切り替わるのです。

接近戦ではリーチがある鎌で薙ぎ払う

素手で戦うエリスは、見るからに強そうな大鎌を持った「鎌による攻撃モード」になります。
この状態になれば、同じ攻撃でも、周りにいる雑魚を蹴散らして、戦局を打開することが可能です。

基本的に、大量の敵を薙ぎ払うスタイル。
残像を残しながら、エリスが高速で動き回り、両手で持っている鎌の軌跡と合わさって、まさに一騎当千の動きに!

バババと、ダメージの数字が上に乱れ飛び、アーマーを持っている敵も、一気に削っていきます。

相手に連続攻撃を叩き込み、反撃を許さないためには、アーマーを剥がす必要があります。
鎌を持った状態でスライディングを当てれば、あっさりと丸裸にできますよ?

それで、この戦闘モードですが、Hをされている状態からの脱出にもなります。

いったん発情でオナニー猿になったエリスは、自力による復帰が困難です。
プレイヤーが【スタイルチェンジ】で、周りの敵を吹っ飛ばしてやりましょう。

遠距離ならガンモードの射撃で一掃

もう1つのスタイルでは、エリスが銃を構えて、弾幕を張ります。
機動力を重視していた「鎌による攻撃」とは異なり、その場でしっかりと踏ん張り、銃で撃つのです。

狙った相手に高ダメージを叩き込むため、ガードしている敵や、ひたすらに硬い敵に向いています。

プレイヤーの好みと、次に選択するステージの癖で、2つの【スタイルチェンジ】から選びましょう。
拠点に戻れば、いつでも変更できます。

通常の【ガード】を上手く使い、最小限のダメージで抑えつつ、スタイルチェンジを効果的に使うことをオススメします。

連続Hの状態でも戦闘モードで突破

状態異常の回復でもあるため、スタイルチェンジは積極的に使うべきです。
ただし、難易度が上がるほどに、敵の攻撃パターンの見極めが求められます。

発情したエリスは、だらしない顔で、股間から蜜をダラダラと流しつつ、「やあんっ❤」と喘ぐのみ。
自分で腰を振りまくり、コリコリの乳首をつまんで、貪欲にアクメを受け入れてしまうのです。

いったん解放されても、内股でヨタヨタと歩くだけのエリス。
敵に囲まれている状態でも、このスタイルチェンジを使えば、一瞬で逆転!

永続のデバフが積み重なっていく本作で、この「ひとまずリセット」が使えることは、かなり大きいです。

便利なスタイルチェンジですが、高難易度で頼ると、タイムアップで元に戻った瞬間にボコボコにされます。
「どこでガードを入れて、スタイルチェンジに繋げるのか?」を考える時間も、楽しいです。

本編クリア後にもたっぷり遊べる

イージーで一直線にクリアすれば、2時間です。
しかし、性癖、Hシーンの回収、勝ち抜きをすれば、10時間は遊べます。

やり込み用のステージで好きなプレイを

本編をクリアしても、【おまけ部屋】や【闘技場】でやり込めます。

おまけ部屋は、いわゆる回想部屋、ギャラリーモードです。
「本編で登場したHアニメーションの鑑賞」「好きな敵のデータを見る」といった、自由に楽しめます。

いっぽう、闘技場には、ハイスコアを達成していく「勝ち抜きモード」、より高難易度の「ミッションモード」、選んだ敵を出す「カスタムモード」があります。

闘技場は、BGMの設定、遠景の設定、あるいは「Hシーンで観客に嘲笑される」などの細かい設定を行える環境です。

たとえば、ミッションモードでは、「ガード50回」「5秒以上、敵を怯ませる」といった課題を達成していきます。
勝ち抜きモードは分かりやすく、「100人斬り」といった感じです。

それぞれに【やり込み報酬】があるから、腕に自信がある方は挑戦してみましょう。
こちらについても、難易度による報酬の差はあまりなく、無理に高難易度にしなくても、大丈夫です。

エリスを立派なドMに育てよう

5ステージで、「もっと遊びたい」と思える、ちょうどいい長さです。
登場する敵は、基本的にH攻撃をしてくるため、どんどん性癖を増やせます。

最初は無垢で処女だったエリスが、見る影もなく、ド淫乱なメスへ……。

ボスを除けば、雑魚は1ステージで、5種類ほど。
性癖としては、「1つの雑魚で1種類」とは限らず、いくつか入手することが多いです。

敗北によるGAMEOVERでは、ねっとりした、どこまでも墜ちていくH。
この時のエリスの表情は、それだけで抜けるほどの、トロ顔です。

ステータス画面では、エリスの変態ぶりを【覚えた性癖】などでチェック可能。
どんどんピンク色に染まっていく画面と、発情期のメス顔が、如実に物語っています。

この爽快感と底なしのエロさは他にない

無様な姿をさらすHとして、『エリスディスノミア』は大人気です。
普通は、「ピンチからの大逆転」となるものの、こちらでは「最後まで隙のないM女」として、ひたすらに楽しんでいます。

ボスとの会話はありますが、基本的に「よく分からないけど、Hな攻撃をしてくる敵がいるステージを突き進み、最後のボスを倒す」というだけです。

深く考えずに、その感じやすい肉体で、マ○コの奥まで突かれて、喘ぎまくるエリス。
最初はまともな台詞で、どんどん淫語を叫び、「オホおおおおっ❤」と叫びまくります。

ボイスがなくても、怒涛の勢いで表示されていく台詞と、状態の表示。
さらに、エリス自身のダラダラと流れ続けるラブジュース、女体のくねり、腰振りで、ずっと使えるオカズです。

アクションゲームとしても、相当な完成度。
ストレスがなく、罪悪感も覚えない、最高のドスケベ空間へ、ようこそ!