同人エロゲの主人公は男?女?その究極の選択とは!

ゲームには、必ず主人公がいます。
男と女のどちらかで、プレイヤーが操作することで、その分身となるのです。
今回は、同人エロゲの主人公について、ご説明します。

男向けの同人エロゲで女主人公

同人エロゲの大御所である、DLsite。
そのランキングを見たら、意外な結果に驚くでしょう。

ふと見れば「女主人公」ばかりの状態

ランキングの上位は、だいたい女主人公です。

これは、限られたリソースで作成している同人エロゲの事情も関係しています。
女を主人公にすれば、手っ取り早く作れるから。

1つのキャラクターを作るにも、イラスト、立ち絵、ドット絵と、様々な素材が必要です。
となれば、美少女、美女を選んだほうが合理的!

女主人公であれば、その同人エロゲを見てからの数分間で、とりあえず体験版をダウンロードか、購入者のレビューを読んでくれます。

色々な選択肢があるネットの通販では、第一印象が勝負です。
その意味でも、女主人公には華があります。

男主人公は、「プレイヤーが感情移入できるかどうか?」という要素が出てきます。
わざわざ苦労する必要はないため、だいたいのサークルは女主人公で作っている寸法。

↓ DLsite累計ランキング1位! は、女主人公

サムライヴァンダリズム Ver2.03

主人公パーティーが女子校生だけの場合も

バトル有りのRPGで進んでいく同人エロゲでは、基本的に竿役を入れません。
彼らは、プレイヤーが望んだ場合だけ、戦闘やイベントで活躍します。

プレイヤーが目にするのは、可愛い女たち。
現代社会の異能バトルならば、女子校生が5人ぐらい並ぶのです。

この場合では、売春、敗北Hといったイベントが目立ちます。
各キャラに用意するため、1人あたりが薄くなることがネック。

ともあれ、プレイヤーに選択させることで、メリハリをつけています。

ただ、全体的には、「1人の女主人公が酷い目に遭う」といった、濃いタイプが人気ですね。

↓ 新感覚! 負けたJK退魔師が、さらに責め立てられる!?

淫界人柱アラカ~JK退魔師ホラー探索RPG~

ランキング上位にも女主人公が目立つ

試しにDLsiteの上位を見た時には、「女主人公が圧倒的に強い」という状況。
いや、男主人公もいるのですが、ゴブリンの巣穴 I’ll borneを含めて、いいんでしょうか?
これが本当の、女の子上位。

男主人公で上位に食い込んでいる同人エロゲは、大作ばかり。
やっぱり、「それだけのボリュームが必要」ということで……。

ゲーム制作は大変で、最初の1本を作り上げられずに挫折する方も多いです。
まして、処女作というハードルがある2本目となれば、尚更。

それで、「目が肥えているユーザーに、お金と時間を出させろ」という話ですし。

同人エロゲだと、それぞれの性癖も関係してきますから、本当に難しい要求です。
ゆえに、「狙った相手の心と股間に刺さるのか?」が、問われます。

どの作風に男主人公が合うのか?

男主人公の出番は、「プレイヤーが感情移入できる物語やポジション」という時。
下記の3つが、代表的です。

誘惑されるストーリーでは男主人公の一択

逆NTRのように、「男キャラが誘惑されて、妻や彼女を裏切る話」では、男主人公が必要です。
これを女主人公にした場合は、意味不明な展開に……。

大事な人間を裏切るとは限らず、「街にいる女に、片っ端から誘惑される」という場合も多いですね。

誘惑されて、それに流されることから、基本的にM男。
プレイヤーが操作すれば、まさにホイホイと女を抱きます。

いえ。
「女に抱かれる」と言ったほうが、正しいのかも?

ともかく、「本来は貞操を守っているはずの女たちが、こぞって誘惑。しかも、自分から腰を振る」の展開は、同人エロゲならでは!

まさに受け身で、主人公の男はろくに動かず、女が必死にご奉仕。
「オカズのつまみ食い」という感覚で、多くのキャラが用意されているケースが一般的です。

↓ Hシーンがあるキャラは30以上! 声優は15名! Hシーンは200ぐらい!!

出逢う女の子全てに犯されるRPG MAXボリューム!

催眠などの逆転モノは男主人公が似合う

「女を操作する」のように、女キャラでは不自然な状況もあります。
イジメられていた男が、催眠・洗脳の力を駆使して、復讐する物語が、まさに典型的。

現実だと、「女が女を虐める」という事例もありますが、こちらは同人エロゲなので……。

催眠は、次の項目で述べる、悪役プレイのお供でもあります。
いったん嵌まれば、その女に何でも命令して、実行させられる立場ですから。

商業のエロゲだと、山あり谷ありで、一時的なピンチや寝取られもありました。
けれど、今の同人エロゲだと、「催眠が解けて、因果応報の結末に!」とはなりません。

エロゲの鉄板でありながらも、催眠・洗脳は奥が深いです。

安易にかかるのは、味気ない。
しかし、困難すぎても、プレイする気が失せる。

抜きゲーという、Hシーンだけのエロゲもありました。
ただ、今の同人エロゲだと、「独自のシステムで楽しめる」のように、何らかのオリジナリティーが必須です。

悪役プレイの男主人公は感情移入しやすい

シンプルにして、説得力がある理由。
それは、「悪役として、やりたい放題するため」という話です。

同人エロゲは、良くも悪くも自由な空間。
それゆえ、「商業エロゲでは濃すぎるか、突っ込みすぎ」の内容も、普通に販売されています。

「娼館の経営」は、まさに代表的です。

ただし、「最初から強くて、ただ欲望の赴くままに」というよりも、「理不尽に虐げられ、その報復」といった感じ。

「プレイヤーを納得させる世界観、または、キャラクターを用意できるか?」が、問われます。
主人公は、冴えない中年男など。

シミュレーションで、「女の調教や管理をしっかり行う」の方針がよく見られます。
独自のシステムを組んでいて、商業レベルの同人エロゲが、たくさん。

↓ オンラインのデスゲームも、同人エロゲになれば、一味違う!

タナトス-Thanatos-

なぜ女主人公が人気なのか?

女主人公であれば、プレイヤーが自由に動かせるから。
どれだけ酷い目に遭うイベントでも、彼女に拒否権はありません。

プレイヤーが自由に動かせる快感がある

主人公は、その一挙手一投足までも、プレイヤーに見られます。
風呂、着替え、自室と、あらゆる場面で視姦され、もしくは、ベッドの上でオナニーを強いられるのです。

女主人公のケースでは、だいたい女子校生。

可愛らしいヌイグルミ、本棚、学習机、ベッドがある自室に戻れば、彼女が色々なことを考えます。
そして、同人エロゲを購入したプレイヤーは神の視点だから、「何を考えているのか?」を全て知る立場。

この快感は、男主人公にはありません。

本来なら、絶対に知ることが不可能な領域。
「思春期の女子の部屋」をRPG形式などで見て、ニマニマできます。

異世界ファンタジーでも、「泊まっている宿屋の個室」のように、プライベートの空間になった時、主人公が独白、または、パーティーメンバーと話し合うことが多いです。

Hステータスで自分の調教結果を見られる

同人エロゲは、女主人公に【Hステータス】を実装しています。
人気作品を見れば、「ほぼ全てにある」と言えるほど。

作品によって名称が違うものの、「セックス経験の詳細として、初体験の相手などを明記」という点は共通。
たとえば、「初Hはゴブリンで、敗北した後に、そのまま組み伏せられた」といった具合に……。

性開発として、「口内、オッパイ、マ○コ、ア○ル」のように、それぞれの感度がデータ化されていることも一般的です。
それによって、プレイヤーの達成感を示し、段階的にHの描写が変わります。

この【Hステータス】がある場合は、女主人公が快楽墜ち、または、淫乱化する傾向。

ステータス画面の立ち絵で、最初はキリッとした表情なのに、だんだんと蕩けていき、「バックから突いて❤」と言わんばかりに、お尻を突き出しながら、物欲しそうに顔だけ振り向いているポーズへ。

こだわっている同人エロゲでは、女主人公の視点で「感想」や、行け!! 鳴神学園オカルト研究部2のように「反省日記」を読める場合も……。

自然なストーリーでHイベントが発生

女主人公は、クリエイターにも優しいです。
セックスは男女の同意で始まるため、女がOKするだけで、すぐにHイベント。

そりゃ、制服を着ている女子校生が、ニコニコしながら「Hして♪」と言ってきたら、二つ返事ですよ。
テレビに出ているような美少女ですし……。

男には馴染みがない、セックス中の女の反応、心理についても、バッチリ分かります。
主観視点で繰り広げられる、「こんなH、嫌なはずなのに!」と、心が嫌がっているのに、身体は反応して、ビクンビクンと絶頂しまくり。

同人エロゲには、ラブラブHが少ないです。
暴力で無力化するか、弱みを握って、女の体を調教したほうが早いので……。

それに、わざわざ18禁の同人エロゲを買い、何が悲しくて、一般枠でも見られるイチャイチャを見なければいけないのか?

↓ 幻想的なアクションゲーム! 少女騎士に淫らな剣を握らせろ!

シュヴァリエ・ヒストリエ 完全版

一般作品では住み分け状態

気になる一般作品は、媒体によって住み分けの状態です。
映像と音声だけのアニメでは、女主人公が席巻しています。

WEB小説の系統では男主人公が圧倒的

読者が感情移入しやすい、WEB小説。
こちらでは、主人公が大半を占めています。

最初から「俺Tueee!」か、「最初は虐げられているが、チートで大逆転!」という展開。
「若い男であれば、美少女、美女にモテるのが当然!」と言わんばかりに、どんどんヒロインが増えていきます。

ただし、人数が多すぎて、「最初に登場したヒロインが、空気になっている……」の感想もしばしば。

こちらでは、過剰な性描写を抜きにして、ヒロイン達と仲良くする必要があります。
ゆえに、「鈍感、難聴」といった、主人公を悪者にしない形での受け流しへ。

まあ、中高生向けですから……。

いっぽう、同人エロゲには、容赦がありません。
NTR、逆NTRは、挨拶代わり!

特に、男主人公たちは、雄々しく、股間の肉棒によって、女たちを躾けています。
その淫ら穴は、マン汁の最初から最後の一滴まで、男を楽しませるための存在です。

アニメなどの映像には女主人公だらけ

主に視覚で楽しむアニメは、女主人公がどんどん増えています。

昔は、「気弱だけど誠実」という少年だったものの、今では少数派。

その理由は、アニメ好きの男子がバカにされなくなったから。
まさに迫害されていた立場は、スマホの普及で一変!

何も知らない学生が、バスや電車の待ち時間で、パパッと見るための映像となりました。

かつてのオタクは、科学的な専門知識まで要求され、知らないと「そんなことも知らないの?」と同じオタクにも馬鹿にされる始末。
作品を知り尽くしているのは、当たり前!

ですが、今では「何も知らずに見て、楽しめること」が必要不可欠。

ネットには娯楽が多いため、少しでも「つまらない」「嫌だな」と感じたら、ブラウザバックです。
したがって、興味を外さないために、「いつも分かりやすい」の連続。

鬱、トラウマになる展開を引っ張らず、30分アニメ、1話の中で解決するパターンが、増えています。

不自然にHを回避しながらのハーレム

男主人公では、お色気シーンがありつつも、どのヒロインの誘惑も回避します。
中心的なヒロインとは、キスまで行いますが……。

まあ、そこまでが限界!

6人ぐらいの美少女に囲まれ、ひたすらに抱かない主人公。
ここまで来ると、健全どころか、不気味に感じるほど。

同人エロゲならば、ちゃんとHをして、何なら乱交か、3P、4Pですが……。

WEB小説では、「普通にセックスしまくり」という作品も増えていて、時代の流れを感じます。
素人が考えているだけに、プロが守っている範囲に構わず、やりたい放題です。

アニメ化した場合は、Hシーンで無関係な場所を移して、声だけで進めるパターンへ。

一般と限定版で、見せる部分を変えてくる手法も、増えてきました。

M男の作品は男主人公が多い

同人エロゲに、話を戻します。
男主人公については、M男をターゲットにした、女キャラに襲われる作品がメインです。

女上位でヤラれるM男系では男主人公のみ

商業エロゲでは珍しく、同人エロゲで多く見られるのが、ひたすらに受け身のM男のキャラ。

M男が主人公で、会う女は全て、「自分を性的に襲ってきて、満足させてくれる」という穴役。
男子高校生のような性欲を見せた女たちは、射精させるために全力を尽くします。

その性質上、主人公は最終的に負けます。
最後には全てを奪われ、悪い女たちに飼われるか、人生を棒に振るのです。

一部の商品説明に「逆転なし!」と明記しているほど、女にヤラれまくり。
その様子は、まさに「情けない」の極地です。

「ボリュームを増やしにくく、商業エロゲで避けられる分野」と言えます。
1つのブランドとして、長期シリーズにしたい会社の視点では、扱いにくいでしょう。

↓ 手段を選ばない勝負では、こういう話にもなる!

おねショタACT スマッシュボーイ [フル]

同人エロゲでは変わらずに男主人公が多い

M男としての主人公は、定期的に出ています。
同人エロゲは「3時間でクリア」ということが多く、向いているから。

DLsiteの人気ジャンルですが……。

累計ランキングの上位には、手が届きません。

「女主人公をじっくり墜としていく」
「悪い男による、メスの管理」

この2つが、よく売れている作風です。

しかし、同人エロゲとは、己の性癖を追い求めていく場。
「売れているから!」の視点だけでは、あまりに悲しすぎます。

ニッチだからこそ、挑戦することも、同人エロゲの本懐です。

商業作品では不可能な勢いとアイディア

同人エロゲは、コミケなどの即売会に出向き、直接の手売り。
でも、ネットの発達と、パソコンの普及によって、DLsiteが登場しました。

プログラミングの手間が減り、個人でもコツコツと作成できます。

そもそも、同人エロゲを制作しているサークルは、副業や趣味です。
「本業の合間に、自分の力を試す」という話だから、採算が取れないことは無関係。

これがプロだと、「これだけの工数と費用をかけた以上、最低でもこのラインは超えないと!」になりますよね?

男と女。
そのどちらが主人公でも、同人エロゲには夢があります。

高い技術力で、半年ぐらい遊べるゲームにする現代で失われてしまった、誰もが楽しみ、あるいは、作る側に回るという、当たり前の世界が……。

アマチュアだから行える、「ここまで作り込んだら、利益が出ないだろ?」というゲームが、まだDLsiteで息づいているのです。