ファンタジーな「妹せいかつ」はHシーンがある異世界モノ?

妹は、お兄ちゃんに忠実な存在。
そのリアルさを追求した結果、今度は妹!せいかつ~ファンタジー~になりました。
値段が1,000円ほどアップした異世界で、可愛い妹との生活を満喫しましょう。

ファンタジーな世界で妹せいかつ

パッケージを見ただけで「可愛い」と思える女が1人。
彼女こそ、いつもお兄ちゃんに寄り添う、妹です。

異世界にしたらマイルドになった

この妹!は、いぬすく様による『妹シリーズ』の1つです。
同人エロゲは商業作品と比べて小規模で、分かりやすいブランドを築く必要があります。
このサークルでは、「妹とのラブラブ生活を楽しめるよ!」と打ち出しているわけで……。

それで、前作は現代社会で、今作はファンタジー世界。

『妹!せいかつ~ファンタジー~』は、白黒です。
目に優しい画面には、柔らかなタッチの妹がいます。

現代社会っぽい世界では、インモラルな感じがビンビンでした。
けれども、ファンタジーにした瞬間に、「まあ、異世界だし」の一言で片付きます。

主観視点で、場面によっては主人公の一部が見えるものの、許容できる範囲になっています。

親の出稼ぎで病弱の妹と二人暮らしに

山間のひなびた村「メクア」では、生活していくのが大変。
父親は冒険者で、ほぼ年中、家を空けています。
戸建てに暮らしており、少し病弱な妹との二人暮らしです。

お兄ちゃんも冒険者で、こちらはメクア村にある冒険者ギルドの支部に所属しています。
妹は学生で、朝に登校して、夕方に帰宅するサイクルです。

中世ヨーロッパを参考にしつつも、不愉快な部分を削った、WEB小説やアニメでよくある「ナーロッパ」という世界観。
昼間は冒険者ギルドの支部で訓練や冒険をして、夕方から妹との同棲生活を楽しめます。

  1. 冒険者ライフ
  2. 妹との同棲生活

以上の2つを進めていくのが、『妹!せいかつ~ファンタジー~』の醍醐味です。

気になる前作との比較

現代社会をテーマにした前作、妹!せいかつ ~モノクローム~と比べたら、妹のファッションや表情の差分が豊富です。
夜中パートにおけるHの反応も初々しく、通常時も妹の【機嫌】による変化を体験できます。
「アイテムによって深い眠りに導く」というシステムを踏襲しつつも、プレイの度に新鮮な気分になれる作り込み!

1週間で同じコマンドを繰り返していた前作とは違い、「冒険者の立場で、メクア村を盛り上げていく」という使命もあります。
仲間と苦楽を共にしつつ、自分たちを鍛え上げていくから、育成モノとしても優秀です。

その一方で、「ダメ人間のままで生活して、仕事ではなく妹への悪戯、Hだけ上達していく」といった生活はできません。

ボリュームと達成感は値段に見合った内容ですが、「やることが多くない?」「育成がダルい」のような感想も。
ちなみに、今度は完全にマウス対応で、操作感が大幅に改善されています。

冒険者ギルドで美少女せいかつ

冒険者ギルドといっても、主人公のパーティーには美少女だけ。
「なろう」でありがちな、新人に絡む先輩や、NTRしてくる男キャラはいません。

どこを見ても美少女しかいない職場

このファンタジー世界は、いぬすこ様の作品『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』と同じ。
時系列としては、この『妹!せいかつ~ファンタジー~』の後で、シスタートラベルになるようです。
モンスターも、共通しています。

限界!?お兄ちゃん シスタートラベル

剣士のカナ、メディックのユイがいて、イベントによっては追加メンバーも加わります。

田舎の村の知名度を上げる手段は、ギルド同士で競う【八王子武闘会】に勝ちあがること。
パワプロのように、ステータスを上げていく育成シミュレーションです。
そのため、前作の『妹!せいかつ ~モノクローム~』と比べて、表示されるステータスが多くなっています。

ギルドマスターも、美少女エルフによる合法ロリです。
人が少ない地域のため、討伐依頼は少なく、鍛錬や手伝い、バイト、勉強で明け暮れます。

主人公のパーティーを成長させて、武闘会で勝ち上がっていけば、どんどん活躍の場が広がっていき、同時に妹とのラブラブな生活が続くのです。

一枚絵で「仕事をしている感」がある

古き良きアドベンチャーのように、一枚絵で説明する場合が多いです。
モノクロの世界ですが、温かみのあるキャラデザインと、その時の状況がよく分かる一枚絵によって、時間を忘れるほど集中できます。

関連したステータスが上昇して、ストーリーを進めるために必要不可欠な八王子武闘会に備えられます。
金策や、勝つための成長のためには、効率の良いプレイも必要です。

武闘会は、中高の部活動のように、交流戦や地区予選からスタートします。
イベントカレンダーが決まっているので、妹とのHだけに集中していると詰む可能性も……。

今回はクエストや、他の冒険者ギルド支部との対戦があるため、アドベンチャー形式のRPGという、TRPGのような面白さです。

育成要素とRPGっぽい戦闘も楽しめる

戦う冒険者ギルドのパーティーや、モンスターには、それぞれ特徴があります。
優しいほうの難易度でも、しっかりと育てなければいけません。

「決まった日数で発生する強制イベントで勝たなければ、バッドエンド」となるのは、前作とだいぶ違いますね。

エンディング後にも、妹との同棲が続きます。
追加イベントも発生して、気が済むまでこの世界で暮らすことが可能です。
状況によっては、勝利でエンドロールに突入。

ランダムで、カナやユイが訪問して、「夕飯をどうするのか?」を選べます。
プレイしていて、「ああ、この世界に生きているのだな」と実感できるゲームです。

ただし、パーティーメンバーとHできず。
この『妹!せいかつ~ファンタジー~』は「妹せいかつ」のためで、ハーレムではありません。

進化した「妹おさわり2.0システム」

本編は、やっぱり妹との触れ合いです。
深夜パートで眠っている妹に悪戯することで、日中の疲れを吹き飛ばしましょう。

妹のお風呂やトイレを覗いてシコろう

平日でも、お風呂に入ることが一般的です。
まだ【信頼度】が低い場合でも、妹がお風呂に入っている間に覗くことや、隣の脱衣所にあるパンツを漁れます。

序盤はお互いにぎこちなく、夜這いしても少し脱がせるぐらい。
妹の【機嫌】を高い状態で維持すれば、同じイベントや日数でも【信頼度】が高まります。
同時に、妹のお風呂やトイレを覗き、パンツをどんどん調べて、オナニーです。

むろん、妹に覗きがバレたら、【機嫌】と【信頼度】が大きく下がります。

現実のような反応をする妹との同棲ですが、信頼関係を築き、機嫌が良ければ、やがて一緒にお風呂にも入れるように……。

その先では、目の前で妹にオナニーをしてもらうことも可能です。
トイレでの放尿といった、マニアックな行為まで。

最初は「見つからないように、おっかなびっくり」が、「一緒にお風呂に入る」へ。
ラストでは、恋人同士のように「お風呂場でH」を楽しみましょう。

妹の【性興味】がゼロ、いわゆる「Hなことを知らない」状態でも、手コキをしてくれます。
Hシーンは少しだけアニメーションで、前作よりも生々しい場面です。
無知、または無垢シチュが楽しめるのも、今作の大きな特徴といえます。

夜中パートの悪戯は妹の反応が可愛すぎる

『妹!せいかつ~ファンタジー~』の醍醐味は、妹の反応が少しずつ変わっていく点です。

最初は健全な関係ゆえ、「股を開けよ?」と言うわけにはいきません。
普通に同居人として助け合い、食事当番を交代しながら、夜は明日に備えて眠ります。

しかし、それだけでは、同人エロゲになりません!

前作の『妹!せいかつ ~モノクローム~』と同じ、夜中パートがあります。
同じシステムを強化したことで、より生々しく、寝ている妹に悪戯することが可能です。

本当に自由度が高く、他の同人エロゲなら、「服を脱がせて、オッパイ揉んで、マ○コを舐めて、指でかき回してから挿入」というワンパターンになりがちな部分でも、「ひたすらに愛撫し続けて、寝ている妹をイカせ続ける」ことも選べます。

ゆっくりと選べるプレイが増えていく快感

生身の女と同じく、妹のHへの興味を高めつつ、興奮させることが大事です。
深夜パートで、「最初はおっかなびっくりの愛撫が、妹が目覚めても抵抗せずに受け入れてくれた」という場面は、お兄ちゃんとして感動の涙。

いきなり性知識が増えるわけではなく、様々なアイテムによる知識の習得、あるいは普通の行為による気づきで、妹とのHにバリエーションが増えていく流れです。

男女という、異なる生き物が織りなす、愛の時間。

お互いに相手の下半身に口を近づけ、その性器を舐めて、咥える、シックスナイン。
女を征服するのに最適な、後背位。
さらに、女が主導権を握りつつも、深く挿入できる騎乗位。
柔らかオッパイによる、パイズリ。
3つの穴を同時に見られて、その羞恥に歪む顔も堪能できる、まんぐり返し。
吸い付いてのフェラ。

このように、どんどんプレイが増えていきます。

プレイヤーの選択で妹の気持ちが変化

この同人エロゲは、攻略対象が妹だけ。
しかし、その分だけ深く、2人以上のヒロインがいる世界観とは大きく違います。

「Hを許された=適当でいい」わけではない

シミュレーションのため、「いったんフラグを立てれば、後は釣った魚に餌をやらずとも良い」わけではありません。
「妹が起きている状態で、Hを許される」までにも、長い道のりです。

深夜パートの悪戯は、初日から行えるものの、まずは「一緒にお風呂に入る」ことから!

妹のパラメーターがいくつかありますが、基本的に現実と同じです。
機嫌が悪ければ、Hできる関係でも言うことを聞きませんし、逆に上機嫌ならば、多少のオイタも許してくれます。
Hへの興味を高めれば、信頼が低くても、セックスに対する忌避感が薄まるでしょう。

むろん、自分のステータスも重要です。
性欲が低ければ、そもそも「オナニーやHをしたい」とは思いません。
ゲーム中で、男女の性欲が示されており、それらも考えることが必要です。

信頼、性欲、冒険者ギルドの評判と、様々な要因が絡み合った先に、「妹せいかつ」があります。

妹の機嫌を高めにしておけば上手くいく

序盤では、冒険者ギルドの対抗戦を意識して、効率よく鍛えていくことがオススメです。
妹とは信頼関係を築くために、深夜パートの悪戯よりも、普通に大事にしていきましょう。
「一度クリアしたから、最速で妹とHしてみる」というプレイでない限り、正攻法がベスト!

兄妹は、上機嫌であるほど、同じ訓練や行為で大きな成果を得られます。
お兄ちゃんの【状態】が高いと、冒険者としての成長。
妹の【機嫌】が良ければ、お兄ちゃんへの信頼が高まっていくのです。

特に、妹の機嫌は、選べる行動とその許容範囲に、直接関わってきます。

『妹!せいかつ~ファンタジー~』は、妹の機嫌でも、コロコロと台詞が変わります。
その様子を見ているだけで楽しく、うっかり覗きや悪戯がバレて、妹の機嫌や信頼が大きく下がった場合には凹むことに……。

といっても、「妹に怒られるのが怖い」と健全に過ごしていたら、何もないままで終了。
処女クリアによって、真の意味で健全な「妹せいかつ」にするのも、乙なもの。

難易度HARDはやり込み派に向いている

この同人エロゲでは、難易度HARDを選ぶ必要はありません。
隠し要素はなく、「緊張感のあるプレイをしたい!」「2周目は、効率よく鍛えたい!」という方のために、用意されています。

ギルドイベントは、100日目まで。
日常生活は【フリーモード】に突入して、週末の「討伐」などのイベントが追加されます。
妹の信頼も高まっているので、そこからHな行為をするのも最高です。

「心の中で密かに想っていたけど、全く手を出してくれない、お兄ちゃん。そう思っていたら、ある日、寝ている間に服を脱がされていて……」

そんな妹のモノローグが聞こえてきそうな状況で、罪悪感を覚えながら、自分のオッパイや股間を弄っている兄を見た時に、肝心の妹は……。

ぷっくりと尖った乳首をさらけ出したまま、お兄ちゃんを誘うのか?
それとも、恥ずかしくて、拒絶するのか?

時間をかけたラブラブHは極上の味

同人エロゲでありながら、女のご機嫌をとる日々です。
だが、それがいい!

妹はゲームとは思えない生々しい反応

モノクロで、コマンドを選ぶだけのアドベンチャーゲーム。
しかし、主人公と妹に設定されたパラメーターのおかげで、「実際に同棲している」と思えるほどの生々しさです。

昨今ではRPG形式が増えているものの、同時処理が少なく、条件分岐を管理しやすいアドベンチャーには大きなメリットがあります。

一見すると地味な『妹!せいかつ~ファンタジー~』ですが、前作のノウハウが盛り込まれて、丹念に作られたことで、1日プレイしても飽きません。

特に、Hシーンの自由度は素晴らしく、まさに自分の思うがままに開発できます。
体位やセックスを覚える妹が、自らフェラでご奉仕といった、「女からの積極的なプレイ」も見られるのです。

あえて処女のままで開発していく勇気

Hの場面は、プレイヤーが全て、決められます。
寝取られる心配がなく、望まなければ、いつまでも健全な関係です。

愛撫する箇所や、その程度。
自分の行為についても、プレイヤーの意思を裏切りません。
深夜パートの時間制限や、覚醒した妹が激怒することは、ありますけど……。

挿入せずに、愛撫するだけでも、可愛い妹は感じます。
オナニーのように、手技による絶頂まで。

ゲーム開始から、最速でズブッと挿入するも、良し。
性的な興味を高めつつ、その性欲を持てあます妹を眺めるも、良し。

「処女を守りつつ、アナルを責める」といった、ある意味では本番よりも背徳的なプレイは、この『妹!せいかつ~ファンタジー~』ならではの楽しみ。

やがて妹は笑顔で股を開き受け入れる

妹からの信頼と、毎日の生活。
片方だけでは、妹との生活が破綻するか、冒険者としての未来が断たれます。

「妹との幸せな生活であれば、冒険者でなくなっても構わない」と言いたくなりますが、ゲーム的に終わってしまうため、やっぱり冒険者として結果を出すことがオススメです。

覗きやオナニーに気づかれなければ、妹から信頼されます。
一緒にお風呂に入り、笑顔でHしてもらえる関係を目指して、地道に頑張りましょう。

ファンタジー世界ということで、冒険者のイベントが豊富です。
一定の日数によって戦闘があるから、しっかりと主人公パーティーを育てなければなりません。

ボリュームは、前作の2倍以上です。
「現実世界だと、後ろめたい」と嘆いていた方は、さっそく妹とラブラブ生活を楽しめる今作を試してみましょう。
異世界だから、もう何でもアリです。