M男にはご褒美か?女子だらけで集団逆レの教室から脱出せよ!

M男いじめ教室からの脱出は、一味違った、世のM男に向けた同人エロゲ―です。
3Dの自作アニメという、意欲的なHイベントで、こだわりの一品に仕上がっています。
可愛い女の子にサンドイッチされたい方は、さっそく体験版をダウンロード!

女子に集団で挟まれる快楽

学校と女子生徒、男なら誰しも反応するシチュエーションで、極楽タイムが始まります。
イジメ、とありますが、実際には「徹底的に女の子が上位」なだけの集団プレイです。

夢だった女子に囲まれるHイベント

とある学校で、授業が終わりました。
「あんまり、汚さないようにね?」と意味深な発言をした後に、教室を出て行く女教師。

RPGでよくある、上から見下ろした視点で、ガタッと女子生徒たちが席を立ちます。
スススと近づいていき、四方八方を囲む、セーラー服の群れ。
いよいよ、学校の女子から追われる、鬼ごっこの開始です。

気になる『イジメ』の内容は、ひたすらに精液を搾り取られること。
【HP】という体力、その下の【精力】という2本のゲージがあって、精力が尽きると体力が消費される感じです。

この『M男いじめ教室からの脱出』は、どのプレイも2人以上、平均3人の女子生徒という豪華なHイベント。
集団逆レ○プは数あれども、自作の3Dアニメーションをこれほど堪能できる同人エロゲーは珍しいです。

アクションゲームだから単純明快

鬼ごっこという、単純ながらも面白い内容です。
逃げ回るステージは、教室、体育館、プール、保健室と、学校のHイベントの定番が揃っています。

画面上を移動している女子生徒のキャラに触れたら、主人公の男子生徒が女子生徒たちに虐められます。
といっても、単なるプレイで、3Dアニメーションでじっくりと見られるのです。
見応えがあるものの、どんどん精力が減っていくから、レバガチャで早く振りほどかなければいけません。

アクションゲームは、プレイヤーが全体を見渡せる画面のままで進み、Hイベントはその上に表示される形式です。
大きなキャラクターたちが絡み合い、シュッシュッと柔らかい身体を擦りつけていきます。

様々な角度から見られる多人数プレイは、なかなかに壮観です。
肉感も素晴らしく、3Dを嫌いでなければ、いったん体験しておきたい完成度の高さ!

愛のある罵倒で発射不可避

女の子に責められる際に欠かせない罵倒は、手堅い台詞です。
声優のボイスがないことが残念であるものの、表示された女子たちの下に、ピンクの丸文字で「オッパイで顔をシェイク♡」などの言葉責めをしてくれます。

効果音によって臨場感がある上に、女の子の台詞には語尾に「♡」がついているため、適度な集団逆レ○プです。
文章だけでは強い言葉になりやすいので、こういった配慮は嬉しい限り。

ハーレムで、まさに女子に四方八方から挟まれるのに、顔の造形のバリエーションが豊富です。
特定のキャラを堪能したい方には不満が残るでしょうが、どこを見ても女体が乱舞している光景はここだけ。

『M男いじめ教室からの脱出』は、女の子から責められたい方にぴったりです。
ソフトSMに分類される、かなり優しい攻めで、初心者にも向いています。

ステージ数は少なめ

Ver2.0へのアップデートで『電車・バス』のステージが追加されましたが、ステージ数は少なめです。
わざと女子生徒に捕まって、イジメという名のご奉仕を受けましょう。

約5ステージで学校生活を再現

体験版でもプレイできる『教室』は、ランダムに配置される机と椅子、隠れられるロッカーで埋め尽くされています。
徘徊している女子にぶつからないように光っているポイントを回り、鍵を3つ集めれば、廊下の真ん中から脱出できます。
椅子を拾って、任意の場所に置き直せるから、それで上手く女子を閉じ込めるか、足止めをすることがオススメです。

他には体育館、プール、保健室と、次々に舞台が変わっていき、それぞれにノルマがあります。
配置によっては、ゲーム攻略の意味でハメに近い状態にもなりますが、それも含めて『M男いじめ教室からの脱出』なのでしょう。

鬼ごっこだから、「次にどうしたらいいの?」と悩むことはありません。
ネット上では、「難易度が高すぎる!」という意見が目立っているものの、Ver2.0アップデートでだいぶ緩和されました。
イージーモードのおかげで、楽々♪ 
その逆に、ヘルモードによって、限界までチャレンジすることも可能です。

後述する衣装変更と、視点変更によって、動画総数200以上になっています。
M男に対するプレイだから、「女子に上履きを履いた足で踏まれる」といった内容も含まれています。

良い匂いがする女子に囲まれ天国へ

立体アニメの魅力は、「あの角度で見たいのに!」という要望に応えてくれることです。
ほぼ全てのモーションで【視点切り替え】が実装されており、主人公の姿も映りますが、まるで自分が近くでカメラを回しているかのような臨場感。

女子校生のトレードマークである制服、スク水、ビキニ、さらにブルマの体操着が、あなたを待っています。

実写では、法律との兼ね合いで、「え? この女優は年齢が……」とガッカリすることもあります。
しかし、この『M男いじめ教室からの脱出』なら、間違いなく女子校生の集団です。

現実ではあり得ない、大勢の女子たちがオッパイ、お尻をこすりつけ、そそり立った肉棒を競って舐める。
そんな、汗すら魅惑的な香りを放つ少女たちが、悪戯っぽい顔で柔らかい身体を押しつけ、畳みかけるような言葉責めでも発射を促してくるのです。

バージョンアップで快適さが増した

『M男いじめ教室からの脱出』は、Ver2.0アップデートで快適になりました。
それ以前が、「シチュは最高だけど、これ難しい!」という声が多く、製作したサークルのライツキャメラアクション様が対応した形です。

気になるアップデートは、ゲームの難易度の追加、『電車・バス』のステージの追加、新しいモーションの追加と、ほぼ問題点の潰し込みです。
販売してから寄せられた意見を参考にして、さらにM男のプレイを楽しめます。

2021年ではもうアップデートは予定されていないものの、今の時点で完成形。
このように丁寧に作ってくれるサークルは、やっぱり口コミで人気が高まります。

3Dアニメーションのハーレムプレイというだけでも、かなり貴重な同人エロゲ―です。
値段は高いほうになっていますが、満足できます。
DLsiteのランキング、販売数のどちらも上位に入っていて、その評価も高いですよ。

嬉しいやり込み要素もある

色々な衣装でそれぞれのステージを遊べるのが、『M男いじめ教室からの脱出』です。
自分の好みの衣装で、女子たちにご奉仕させてみましょう。

クリア条件を満たしながら現金集め

Ver2.0アップデートのおかげで、『M男いじめ教室からの脱出』は誰にでもクリアできる難易度になりました。
DLsiteの体験版をプレイすれば、その意味がよく分かります。

アップデートまでは、「こいつら、凄腕の刑事か?」というレベルで追尾していました。
信頼できるDLsiteのレビューの数々ですが、アップデート前の感想も多いから、気をつけましょう。

現金集めについては、光っているポイントを回るため、自然に集められます。
有名な横スクロールのアクションゲームよろしく、「コインを取っていくと最適化された動きになる」とまではいきませんが、すぐに見つけられる環境です。

「どこにあるのか?」で悩まないから、現金集めは作業として快適なほう。
ガチャの制覇を目指さなければ、ついでに集めて、クリア後にガチャを楽しめます。

豊富な衣装でアニメーションを堪能

ゲーム中のアニメーションは、クリア後に入手することが可能です。

いわゆる購買部で、コンビニのような空間にある【ガチャ】を回します。
逃げている途中で拾えるお金を使うから、これがやり込み要素といえます。
ただし、衣装ごとでカウントされるため、コンプリートするのは大変です。

Ver2.0アップデートで、ガチャの救済機能、回想ランダム再生、回想のセリフ再生などが実装されました。

購買部では、アイテムや衣装も買えます。
同じくゲーム中で拾ったお金を使い、チアリーダーなどの衣装で再チャレンジできるのです。

アイテムは基本的に体力回復といった、鬼ごっこを有利にするための消耗品ばかり。
だから、自分の好みの衣装に着替えさせた女子と戯れるため、あるいは、アニメーションの回収が、主な用途です。

各ステージはランダム配置

それぞれのステージでは、女子と障害物がランダムに配置されます。
スク水、セーラー服、チアリーダー、ビキニ、ブルマ、ブラウス、バニーガール、メイド服、ボンデージ、競泳タイツの10種類に着替えた女子たちが、あなたを揉みくちゃにする、夢の空間です。

ただし、「複数の衣装を組み合わせて、俺だけのパラダイスに!」ということはできません。
原則的に、10種類の中から1つを選び、その衣装を着た女子の群れに押し倒されるだけ。

放課後の保健室では、午後8時までの逃げ切り。
夕方には茜色の夕焼けに変わって、風情を感じられます。
「学校でこんな扱いをされたら、いいのに……」と、思わずノスタルジックになりますね。

まあ、実際にあったら、嬉しいというより恐怖が先立ちそうですけど。
「もう勃たない」と叫んでも襲いかかってくるので、まさに先にしか勃ちません。

繰り返し見たいアニメ

『M男いじめ教室からの脱出』のHイベントは、迫力の3Dアニメーションです。
音響はSEのみであるものの、そのボリューム感は他の追随を許さない、圧倒的な完成度!

やられグラフィックは全て3Dアニメ

一般的なCGは、二次元のグラフィックです。
つまり、考えた人のイメージで描かれていて、必ずしも立体にできるとは限りません。
もっとも、わざと崩して描き、より魅力的に演出する技法もありますけど……。

この『M男いじめ教室からの脱出』のHは、3Dアニメーションです。
したがって、どの角度から見ても矛盾せず、きちんと描かれています。

その証拠として、Hイベントにはプレイヤーのボタン操作による【視点変更】も実装されています。
これは、それまで平面しか見ていなかった人にとっての驚きです。

「具体的にどうなのか?」と気になっている方のために、一部のムービーをご紹介します。
M男いじめ教室3Dキャメラアクション ー動画集ーは、ゲーム本編と同じ状況で視点変更をしたムービー集です。
ゲーム本体ではないから、ご注意くださいませ。

衣装変更で破壊力マンマンのHイベント

立体的な女子の体は、もはや柔らかさを具現化した凶器です。
主人公のM男は、成す術もなく、その柔肌に包まれていきます。

女子が着るセーラー服、ブルマなどは、どれも伝説の武具と同じです。
それぞれに根強いファンがいて、「俺はチアリーダーしか認めない!」という熱いこだわりも。

自分の肉棒がヨワヨワになる属性を選び、その女子たちに悪そうな顔で責められる。
それこそ、究極のHイベントでしょう。

これから登校するバスの中で、セーラー服の女子に座られて、朝一中出しを決めるのは、背徳の極み。
左右にも女子がいて、それぞれに胸を触らせたり、指を咥えたりしています。

Ver2.0アップデートで衣装10種類になったから、まさにお買い得です。
同じシチュエーションでも、衣装を変えただけで、全く違う驚きがあります。

こだわりのフェチHこそ至高である

かなりマニアックなプレイが集められていて、M男が喜ぶ内容です。
逆転なしの女子たちの責めが続き、振りほどかないとピュッピュッと果ててしまいます。

挿入をするシチュエーションは数個だけで、それ以外はコスプレをした女子たちに身体を擦りつけられ、テキストによる言葉責めが主体です。
いわゆるフェチのためのHで、例えば「体育で汗をかいて臭くなった女子の足で踏まれる」という状況もあります。

女子は基本的に3人で、多い時には5人ほど。
「四方を囲まれて頭がオッパイに埋もれる」「前後を女体に挟まれてズリズリと擦られる」といったマニアックなプレイで楽しませてくれるのです。

まさに集団でエロ攻撃をされるのは、『M男いじめ教室からの脱出』でしか見られない光景です。
細部まで描かれているから、臨場感があります。

M男いじめ教室 視点変更動画集でも、その一部を視聴できます。
ゲーム本編ではありませんが、パソコンを持っていないが3Dアニメーションを見たい方、手っ取り早く動画でチェックしたい方にぴったりです。

逆レイプに目覚める第一歩

大勢の女の子からご奉仕されるプレイは、一度体験したら病みつきです。
『M男いじめ教室からの脱出』で、その醍醐味を味わってみましょう。

逆転なしの集団逆レにご招待

主人公はM男だけに、女子に攻撃したり、強気の態度を取ったりできません。
悪そうな顔をした美少女たちに責められ続け、屈服した証を吐き出し、白旗を上げても、彼女たちは止まらないのです。

M男にできるのは、ひたすらに女子から逃げて、「鍵を集める」「ボールを片付ける」といったクリア条件を満たすことだけ。

女子に捕まれば、画面上では1人だったのに、いきなり数人に囲まれての「上目遣いのトリプルフェラ」「跳び箱の上に仰向けにさせられ、集団で順番に顔面ヒップドロップ」のしごきが始まります。

甘い体臭が漂い、体中から蜜を出している女子校生たちが、存分に身体をこすりつけつつも、言葉責めです。
立体的なHイベントだから、何度見ても飽きない、至高の集団逆レ○プといえます。

多人数のプレイを気軽に楽しめる

実写でも言えることですが、せっかく女を集めているのに、「1人が動いていて、それ以外は見学だ……」とガッカリするHがよくあります。
これは、カメラに映えるアングルを撮りづらいのが、主な原因です。

その点、『M男いじめ教室からの脱出』は、考え抜かれたフォーメーションを堪能できます。
たとえば、「顔面ヒップドロップ」「プールでの水攻め」については、現実にやったら怪我の恐れがありますが、ゲームだから遠慮なく行えるのです。

男が腰を振るのではなく、女が腰を振って、まるで物のように男を扱う。
それこそが、M男にとっての喜びです。
保健室で非力なはずの女子に抑えられ、無理やり腰を振らされる逆レイプは、挿入のシーンが少ないだけに印象的。

視点切り替えで今までにない興奮

椅子に座った状態で前からのオッパイ押しつけと、下半身へのフェラ。
あるいは、狭いロッカーに引きずり込まれ、3人からの太ももコキとキスの嵐。
女子の下着が詰め込まれた狭い空間からの脱出と、多種多様なシチュエーションがあります。

Hイベントは、前述したように、視点の切り替えが可能です。
他の同人エロゲ―ではあり得ない、スカートの下からの覗き込みなど、上下左右に回り込んでの観察を行えます。
ただし、予め決められた視点に移動するのみで、プレイヤーが自由自在に移動させられるわけではありません。

たとえば、セーラー服やブルマだらけの空間で、柔らかい女体にゴシゴシと全身をこすられていきます。
登校中、下校中を彷彿とさせる、4人以上の大人数は、女子学生ものの金字塔と言いたくなる光景です。

体験版は基本無料でプレイできるから、さっそく1ステージ目を遊んでみましょう。
「3Dはあまり……」と言う方にこそ強調したい、まさに傑作です。