街を守る魔法少女の行く末は?墜ちるも活躍するもあなた次第!

魔法少女セレスフォニアは、街を守る魔法少女という王道の物語です。
闇に侵食されていく街を救うべく、健気に戦う少女は、とても儚げになっています。
基本をしっかりと押さえたゲームのため、一押しの名作です。

分かりやすい魔法少女のお話

エロ攻撃をしてくる敵に対して、魔法少女になって倒す。
それだけなら、よくある魔法少女の物語ですが、『魔法少女セレスフォニア』ではHシーンが豊富にあります。

普通の少女が魔法少女に変身

体験版でもチェックできる冒頭シーンで、響木アマネは異形の化け物に襲われます。
悍ましい触手によって嬲られる中、突如聞こえてきた少女の声に導かれ、魔法少女に変身するのです。

メモリアと名乗った不思議な少女は、「このままでは、あなたは先ほどの怪異に襲われ続けてしまう」と言われ、魔法少女との二足の草鞋を履くことに。

ごく普通の女子校生であるアマネは、リボンをつけた三つ編みが似合う、品行方正な優等生。
しかし、いやらしい攻撃をねちっこく繰り出してくる怪異や、美少女が大好きな街の人々によって、じょじょに侵蝕されていく日々になるのです。

魔法少女セレスフォニアになったアマネは、超常的な力や、通常の人間よりも耐久力を得られます。
ところが、その身体に教え込まれていく快感、敗北による屈服する喜びは、たとえ助けられても魂に刻まれていく結果に……。

小難しいこと抜きで楽しめる良作

『魔法少女セレスフォニア』は、これまで魔法少女を見たことがない方でも、すんなりと楽しめる傑作です。
「友達を助けたい」「困っている街の人を見捨てられない」という、非常にシンプルで、共感しやすい思いを胸に、アマネは戦い続けます。

誰でも一度は夢見た、正義感が強く、可愛らしい魔法少女が負けて、いいように身体を弄られるシーンが、いたるところで見られるエロゲ―です。
世界を救うとか、小難しいことは一切抜きで、思う存分、心ゆくまでヌケます。

誰にとってもストーリーが分かりやすいだけではなく、Hシーンについてもバリエーション豊富です。
侵蝕度が高まって、淫らになっていくと、清純無垢だったはずのアマネが、どんどんスケベを楽しむ、いけない娘になっていきます。

その墜ちていく様は、周回プレイを何度もしたくなるエロさですよ。

ツクール制作で良好な操作画面

『魔法少女セレスフォニア』は、RPGツクールMVというソフトウェアで製作されています。
基本的に、どのパソコンでも動作するプログラムですが、念のためにDLsiteの体験版で確認しておくべきです。

肝心の操作画面ですが、非常に分かりやすく、操作方法で悩むことはまずありません。
RPGをプレイしたことがある方なら、いきなり遊んでも困らないでしょう。

製作したサークルは、しもばしら工房様です。
この『魔法少女セレスフォニア』で3作目になっており、流石の貫禄を見せてくれます。

章によって大きな目的がある

『魔法少女セレスフォニア』は、章仕立てで、ゲームが進行していきます。
大目的が提示されて、その中でどのように攻略していくのかは、プレイヤーの自由です。

日数制限はないが敵の支配度に注意

ストレスをなくすために、日数の制限はありません。
ただし、街に潜んでいる怪異を全く倒さずに、男と楽しんでいるだけ、学校と自宅を往復するだけという日々では、やがてゲームオーバーになります。

ゲームオーバーは、【支配度】という敵の活動の進行が一定に達した場合です。
支配度の判定は、「日数の経過」や、「アマネがどれだけ敵を妨害できたか?」によって、行われます。

気になる支配度の数字は、ステータス画面によって確認することが可能です。
けれども、何もせずにベッドで眠り続けることを選ばなければ、普通に攻略している分には問題ありません。

早朝に自宅のベッドで目覚めた時に、裏で敵が何をしていたのかの一部がシステム的に表示されます。

現代日本の街が舞台だから単純明快

行方不明の事件が連続で発生しているエチノミヤ市では、警察も捜査しています。
アマネも警察の関係者と遭遇して、正体がバレないかとヒヤヒヤしながらも、魔法少女セレスフォニアになっていくのです。
怪異を倒せるのは魔法少女のみで、しかもアマネも補導される側なので、こっそりと動くことに。

普段のアマネは規律ある日常生活を送っていて、ここぞという場面で登場するHシーンは盛り上がりますよ。

移動はアマネが知っている場所を指定するという、所謂ファストトラベルになっています。
各マップではアマネを操作して、気になる箇所を調べると同時に、聞き込みを行い、謎を解決していく流れです。
広すぎず、狭すぎず、学校でも行きたい場所を選べるから、すいすいと遊べます。

街の人間はどんどん汚染されていく

瘴気に侵されていくエチノミヤ市では、善良な市民も変貌していきます。
レネゲードという怪しい集団が勢力を拡大していく中、跳梁跋扈する怪人がアマネの行く手を阻むのです。

元々、女を欲しがっている男たちの他に、おこぼれで女にありつければという層までも、レネゲードに参加。
組織的に動く彼らの前に膝を屈したら、セレスフォニアのような魔法少女であっても、容赦なく嬲られるでしょう。

秩序を重んじる男性でも、瘴気を吸い続ければ、アマネやセレスフォニアの美しい肢体に我慢できなくなります。
その時に、いかにも男を誘う露出の多い恰好をしていたら、むしろ女のほうが誘っているのと同じ話です。

怪人やトラップによる体の開発

怪人はどれも特殊スキルを有していて、セレスフォニアの心身を責め立てます。
ダンジョンの途中にも、魔法少女の体と心を蕩けさせるトラップがいっぱいです。

定番の触手などでアマネは少しずつ淫らに

人の目がないダンジョンでは、敵も本気で襲ってきます。
媚薬を出してくる触手だらけのイソギンチャクのように、セレスフォニアの身体を絡めとり、敏感な部分まで丁寧に刺激するのです。

【秘密の記憶】では、響木アマネの性経験が赤裸々に綴られています。
どの経験をしたのかを回数で表示しており、淫欲が高まっていくと、レベルアップで淫らに変わっていくアマネ。

身体を張って街の平和を守れても、その対価とばかりに、アマネの貞操観念はどんどん消耗していきます。

トラップや怪異の攻撃で性感値が高まり、喘ぎつつも頑張るセレスフォニアは、やがてその感覚に慣れていく羽目に。
いざとなったらメモリアが助けてくれるとはいえ、現場で戦うのは、1人の魔法少女のみです。

瘴気を放置すると侵蝕されていく

いくら耐性がある魔法少女でも、ダンジョンなどに満ちている瘴気に晒されると、【侵蝕】が進んでいきます。
ダンジョンの探索中には、常に瘴気汚染に悩まされることに。
瘴気汚染を洗い流さないまま眠った場合や、怪異や怪人に敗北した場合に、一気に増加します。

【バッドステータス】としての体質の変化や、変身していないアマネの状態でも思考が書き換わっていく有様です。
魂まで淫らに染められてしまったら、街を救えても、彼女自身のメンタルは取り返しがつきません。

瘴気汚染は、無限の経験値稼ぎを防ぐためのシステムです。
易しいモードでは気にしなくても大丈夫ですが、ハードモードでは計画的にアマネを成長させる必要があります。

各ダンジョンにはギミックもある

侵入者を防ぐためのギミックに驚いていると、快楽を覚えさせられることや、いきなり現れた敵に襲われることになります。
ダンジョンの奥、ボスが待っている直前には入口からのショートカットの仕組みがあることも。

場合によっては囚われた女性が倒れているので、救出するかどうかを迫られます。
触れるとダメージを受けるギミックもあるから、安易に触らず、制御システムをOFFにするなどの工夫も必須です。

思わぬダメージで消耗しているうちに、画面の切り替えで復活した敵に倒されるパターンがよくあります。
持っていくアイテムや、アマネの育て方によって、敵の撃破までの時間が大きく変わるのも、『魔法少女セレスフォニア』の特徴です。

守るべき街の人との気持ちいい交流

この『魔法少女セレスフォニア』では、被害者である市民との楽しい交流も堪能できますよ。
ゲームの序盤から色々な行動ができるため、うっかり本編を忘れて没頭してしまう事例が後を絶ちません。

現代ならではの日常の淫行の数々

日常生活がゲームシステムとして再現されていて、市民からの評価、学園からの評価を考慮しなければなりません。
市民からの評価は、魔法少女セレスフォニアへの金銭的な援助(ファンクラブによる健全なカンパ)につながります。
いっぽう、学園からの評価はアマネの立場に関わっていて、碌に学校へ行かない不良生徒になったら、指導の対象です。

機材を揃えてのネット配信、怪しいマッサージ店、治安が悪い地区での高額バイトと、「これでもか!」と言わんばかりのHシーンの連続。

電車通学のアマネにとっては、電車内での市民交流にも遭遇します。
最初は嫌がるアマネだが、怪異や怪人との戦い、敗北による身体の開発を経て、だんだんと喜びの顔へと変化!
電車のスキンシップは1つのバロメーターで、ストーリーが中盤になった頃には、自分を求めてくる男を受け入れることも可能です。

露出や催眠についてもHアリ

普通の女子校生であるアマネは、当然ながら常識的な格好で外に出ます。
裸のまま脱衣所から出ることはなく、水着のような露出が多い服装も選べません。

しかし、怪人による洗脳、女に寄生する生物の影響、アマネ自身による露出の勉強で、その状況が変わります。

催眠による常識改変は、「アマネはいつもの日常を送っているつもりで、実はドスケベになっている」といった、夢のようなシチュエーションです。
彼女は、自らの意思でありながらも、自分の行為を正しく理解していない。
そのギャップは、全てのプレイヤーの欲望を刺激します。

露出については、アマネが堕落したことを如実に示しています。
出会い系アプリで自ら相手を探し、その出し入れする様子を配信する彼女を見ていると、昔の清楚で常識に満ち溢れていた姿は想像すらできません。

対人のシチュエーションが多い

現代社会のため、Hシーンでは対人のシチュエーションが多めです。
スケベになったアマネが乱交する場面では、彼女の気持ちよさへの渇望と、「以前の真面目だった自分が馬鹿らしい」という本音が分かりますよ。

ゲームスタート時の彼女は、電車に乗っていて触られたら不快感を示し、体育教師のセクハラに怒ります。
でも、怪異や怪人に気持ちいい感覚を覚え込まされ、負けて凌辱されていく中、知らず知らずのうちにその基準が下がっていくのです。

瘴気や敵がいなくても、人の世には若く美しい少女への欲望が溢れています。
女子校生というだけで、男を相手にすれば短時間でも高い価値があることは、紛れもない事実です。

学園でも評判の美少女のアマネともなれば、「一度でも味わいたい」と願う男が行列を作るでしょう。

長くプレイしたくなるシステム

インターフェイスが優秀だから、周回プレイもおすすめです。
キャラとの会話は一般的なRPGと同じですが、左上のウィンドウに連続で表示されるなど、少し独特になっています。

身体が開発されていくアマネ

ダンジョンに入るか、人目につかない場所では、アマネは魔法少女セレスフォニアに変身します。
シンボルエンカウントで、敵キャラに接触した瞬間にバトルへ突入。

戦闘はコマンド選択のターン制で、武器・防具の買い替えではなく、スキルセットやレベルアップで強くなります。

敵の攻撃を受けたセレスフォニアは、その大きな胸を強調する、エッチな戦闘スーツが破れていきます。
スーツの耐久値もHPのように表示され、ゼロになったら、そのプリッとした2つの頂点を惜しげもなく晒し、柔らかそうな股間も露わに。

戦闘中のエロい攻撃で発情して、「はあはあ…」と喘ぎながらも、ひたすらに剣を握るセレスフォニアの勇姿を見ていると、さらに堕落させてやりたくなりますね。

淫欲値や侵蝕度でどんどん変化していく

淫欲値や侵蝕度は、Hシーンの回収に欠かせない数値です。
初期のアマネは、同じエロでも「こんなものに私は屈しない!」と我慢して、控えめの内容になります。

【淫欲Lv.2】以上になれば、アマネや変身後のセレスフォニアは、全身をまさぐる手、穴に深く挿入される感覚を愉しみ始めます。
両胸をはだけたまま、両手で握っている物を扱いている彼女の顔はとても淫靡で、街に平和をもたらした後にも身体が疼くに違いありません。

ゲーム内のコンビニではゴムなどの、便利グッズも販売されています。
アマネが安全に楽しむためには、きちんと準備しておくべきです。

自由度が高いので、自分が狙ったイベントを狙うプレイをおすすめします。
高難易度では、効率的なプレイが求められるから、まずはノーマルぐらいがちょうど良いです。

アマネの着せ替えは立ち絵に反映される

『魔法少女セレスフォニア』は、着衣プレイ好きが大満足できる内容です。
通常の画面は2Dのドット絵のキャラであるものの、美しい立ち絵とカットイン、その他の演出が用意されています。

特定のポイントでは着せ替えも可能で、基本的に立ち絵のHシーンなどに反映されるのです。
ゲーム序盤は、アマネが恥ずかしいと思える衣装を着たまま、外に出ることはできません。

イベントシーンの約90%が、大事な部分だけ破ける等の着衣エロです。
白いセーラー服、スク水、体操服、バニースーツと、コスプレ派が思わず頷くバリエーションの多さ。

純粋にRPGとしても楽しめて、強くエロくなっていくアマネの姿を違和感なく追いかけられます。
体験版は序盤のみとなっていますが、それでも完成度の高さとストレスのなさを味わえますよ。