シスターの護衛は簡単?休憩ポイントできちんとリフレッシュしよう!

1人のシスターを送り届けるだけの簡単な、護衛任務。
淫惑の聖女 シスター・マリア~愛欲に溺れた神の使いは、無垢な子羊を貪る~は、タイトルの通りです。
主人公の男が、護衛対象のマリアから逆NTRされます。

すぐに達成できる簡単な仕事

妻と2人で暮らしている主人公は、ある日、1人のシスターを送り届ける任務を受けます。
中級冒険者である男にとっては、モンスターがいるとはいえ、単純作業に過ぎません。

森の奥の教会へ送る護衛任務

シスター・マリアは、金髪碧眼で、まだ少女の雰囲気が残る女性でした。
清楚を示すシスター服ですら分かる、はち切れんばかりの巨峰が2つ。

蠱惑的な瞳と相まって、妻がいる主人公は、できるだけ距離を置くことを決意。

森には多くのモンスターが蠢いていて、護衛対象のマリアにもダメージが蓄積したことでの服の破損も発生します。
その巨乳がポロンとこぼれ落ちても、マリアは平然とその綺麗な身体を見せつけてくるのです。
妻以外の、若く美しい女の張りのある胸は、主人公を怪しく誘惑。

途中の休憩ポイントでは、マリアが疲れているであろう主人公を優しく労わってくれます。

良い香りがする女の膝枕でゆっくりと休み、ハグによってその柔らかさを感じていくうちに、徐々にエスカレートしていくご奉仕の数々。

主人公にはまだ若い妻がいる

主人公の男には妻がいて、「最近、悪魔憑きのシスターが出没していて、男を食い漁っている」と心配します。
倦怠期の夫婦とは違い、ラブラブな毎日を過ごしている若奥様だけに、「愛する旦那さまが、他の女に食べられちゃうのではないか?」と不安に。

まあ、その愛する旦那さまは、件のシスター・マリアに美味しく食べられてしまうのですが。
どんまい!

男の精液を採取するサキュバスという意味では、マリアは正しく悪魔です。
サキュバスとは、後期ラテン語で『恋人、愛人』を示す『succuba』、またはラテン語の『性交の体位で下に寝る者』を意味する『succubare』が語源とされています。

一説では、サキュバスは自身の快楽よりも、男を辱めて、正道から堕落させるためと定義。
歴史上の文献でも、“女性経験が豊富な男ですら、サキュバスに夢中になった” とあります。

シスター・マリアが人間にしても、本物のサキュバスと同等以上の存在でしょう。

モンスターとの戦闘はお手の物

森の通り道を歩みながら、主人公は遭遇したモンスターを駆逐していきます。
マップは一本道で、どこを進めばいいのか迷うことはありません。

RPGのシステムですが、宝箱によるアイテム回収や、モンスターを倒すことでの経験値稼ぎは一切なく、奥まで辿り着くことでイベント発生の連続です。

戦闘も「戦う」「逃げる」のRPGでよくあるシステムで、主人公とマリアの2人がパーティメンバーとなります。

スキルを使って倒しながらも、シスター・マリアにダメージが集まるように心がけましょう。
なぜなら、被ダメージが増えると、衣装が破損していき、やがて全裸になるからです。

戦闘中のマリアの衣装の破れは、最後のルート分岐に大きく関係します。
普通に攻略していると計算外になってしまう可能性が高いから、要注意です。

シスター・マリアの甘い誘惑

男の心理をよく知っているシスター・マリアは、少しずつ接近します。
他の女に認められている既婚者の男性は、彼女にとっての大好物の1つです。

休憩ポイントでマリアと歓談

危険な森といえども、急ぎすぎては逆に危険です。
ゆえに、安全な場所に辿り着いた時点で、小休憩を挟みます。

休憩ポイントにつくと、マリアの立ち絵が表示され、同時に膝枕といったサービスを提案してきます。
選択肢は、「受け入れる」「断る」の2つで、とても分かりやすいですよ。

最初は、お互いにきちんと服を着た状態での接触であるものの、休憩を重ねるうちに他人には見せない部位をさらけ出し、過激なHシーンへと突入します。

他人の目がないからといっても、妻帯者がいきなりズボンを脱いで、若いシスターに襲いかかるのは不自然です。

その点、『淫惑の聖女 シスター・マリア~愛欲に溺れた神の使いは、無垢な子羊を貪る~』では、街の多くの男を籠絡して寝取ってきた凄腕の女らしく、主人公の理性を巧みに剥ぎ取っていきます。

少しずつ溶けていく倫理観

膝枕をしたら、次は抱きしめることまで視野に入ってきます。
触れ合うことに抵抗感がなくなったら、耳や首を舐めて性的な興奮を高めるといった具合に、マリアは主人公の理性を計画的に減らしていくのです。

それでも、まだ熱烈に愛し合っている若妻がいる男は手強く、自分からストレートに求めては雰囲気が台無しになりかねません。

決定的な行為としては、まずマリアが自分の一番大事な部分を見せることからスタート。
両手を使って、しっかりと開きながら、激しく自分を慰めるマリアの姿に、主人公の興奮も最高潮に高まります。

ギンギンになってしまった下半身に耐えながら、主人公は目的地である森の奥の教会まで護衛を続けることに。
しかし、マリアは、男の考えを全てお見通し。

「私が恥ずかしい姿を見せたのだから、次はそちらも見せてください」

マリアの優しさと身体に溺れる

ただ男とヤリたがる女ならば、仮に事故として肉体関係を持ってしまっても、2人だけの秘密です。
けれども、マリアはとても優しく、それでいて初対面では清楚な態度を装っているので、真面目な男ほど嵌ります。

ちゃんと言葉にして、相手に分かるように伝えるテクニックは、さすがシスターと呼べるだけの上手さです。

マリアが狡猾であるのは、とにかく相手を肯定して、罪悪感を薄れさせていくことに他なりません。
ゲーム中の台詞から、男のタイプによって口説き方を変えていることも分かります。

「朴訥で引っ込み思案な主人公は、自分の中にストレスを溜め込みやすい」と見抜き、妻にも甘えることが苦手と聞くや否や、ぐいぐいと押していくのです。

男慣れをしたマリアにとって、妻がいるのに初々しい反応を見せる若い主人公なぞ、デザート代わりにひょいっと食べる程度の感覚。

シスター物で逆NTRは珍しい

同人エロゲ―では、シスターはだいたい犠牲になる役です。
しかし、『淫惑の聖女 シスター・マリア~愛欲に溺れた神の使いは、無垢な子羊を貪る~』では、そのシスターが逆NTRを行います。

段階的に踏み込んでいくマリア

主人公が妻帯者と知ったマリアは、怪しい目つきになりながら、より一層の誘惑を仕掛けていきます。
元々、森の奥でじっくりと味わう予定だったが、肌を重ねるだけではなく、堕落させる楽しみもあると分かったからです。

女を知っていても、いつも真面目で話し下手の男なぞ、童貞とたいして変わりません。
マリアは、「どうせ、妻以外の女を抱いたこともないだろう」と踏んだか、断られようがお構いなしに主人公を誘惑し続けるのです。

戦闘のせいで剥き出しの胸、股間を惜しげもなく見せつけ、主人公が心音を高めている様子をニコニコしながら眺めるマリア。

最初は頭を撫でてもらい、お互いに服を着たまま抱き合う2人の姿は、とても妻に見せられない光景です。

妻だけを大切にしている主人公は、仕方がなくマリアの乱れる姿をじっと見て、やむなく自分も大事な部分を出してマリアに見られながら扱いていきます。

妻を裏切る背徳感すら消えていく

健やかな身体に、健やかな魂が願われてこそ、人は真の幸せを掴み取れます。
では、豊満な身体を持て余し、淫欲に支配されたシスター・マリアに接したら?

マリアにとっては、男を漁り、その欲望をぶつけ合うことが日常です。
性交の経験という意味では、彼女を上回る女はいません。

街の男をどんどん夢中にさせてきた、その卓越した技量と、触れるだけで吸いつくような柔肌と合わさって、女に慣れていない主人公はどんどん揺らいでいきます。

結婚の誓いで、「妻を愛して、共に歩んでいく」と宣言したにもかかわらず、その決意は若いながらも海千山千のマリアによって、いとも容易く溶かされるのです。

人間も所詮は野生動物と同じで、魅力的な女がいたら身体が反応します。
翻弄される主人公は、妻への裏切りに苦しみながらも、あっさりとその快楽に溺れていくことに。

心と身体を侵蝕されていく快感

相手の言いなりになることは、1つの快感です。
自分で考えることを止めて、ひたすらに指示に従うことは、相手に認められるための究極の行為になります。

この『淫惑の聖女 シスター・マリア~愛欲に溺れた神の使いは、無垢な子羊を貪る~』の主人公は、荒事メインの冒険者のわりに貧弱で、自虐的な思考です。
すぐにその本質を見抜いたマリアは、その欲求不満を積極的につついて、主人公の心を侵蝕していきます。

セックスの経験があまりなく、それを振り返って改善していくことがなければ、手応えがないまま回数だけ増えるだけです。

その点では、マリアはとても敬虔で、恐らくは妻と一緒にセックスについて深く話し合ったこともないであろう主人公とは比べ物になりません。

仮に、主人公が気の強い男だったら、マリアは自分の弱さを打ち明ける方向へ切り替えていたでしょう。

誘惑をどれだけ受け入れるのか?

主人公は、護衛任務でマリアに会った直後には、まだ常識的です。
彼女からの誘惑について、妻のために拒否する意思を持ち合わせています。

選択肢で意思表示ができる

森の中では、いくつかの休憩ポイントがあります。
つかの間のリラックスタイムですが、清楚な振りをしたシスター・マリアはじわじわと迫っていくのです。

マリアからのお誘いは、あくまで提案に過ぎず、強制にはなりません。
そのため、プレイヤーの選択によって、彼女と仲良く触れ合うことを拒否できます。

愛する妻のために、ひたすらに「断る」を選び続けるのも、また一興です。

このゲームでは女キャラが1人しかいないので、マリアのイラスト、CGがかなり描き込まれています。
登場シーンの一枚絵でも、多くの男が夢中になるだけの美しさ、色気があると分かるのです。

護衛任務ではマリアと一緒で、画面上には右側に彼女の立ち絵が表示されます。
休憩ポイントのイベントになると、様々な行為をしているマリアの姿がアップになる仕組みです。

マリアは狙った獲物を逃さない

結論から言うと、主人公はマリアの魅力に屈服します。
抱き心地の良さそうな若い体を持つ、女神のような美少女から誘われれば、当然の結果です。

マリアの一番の怖さは、その話術の巧みさでも、挟んだら見えなくなるほどの谷間を誇る巨乳でもありません。
男を籠絡するために、全く躊躇わないことです。

マリアは、自分の女としての価値を正しく理解したうえで、「どうすれば、男が性欲を剥き出しにするのか? 満足するのか?」だけを考えています。
全て計算尽くで動いている彼女は、狙った獲物の心に刺さるアプローチを取っているのです。

普通の女なら、仮に自分がムラムラしても、男から誘ってくれるようにサインを送るのみ。
いっぽう、淫乱なマリアは、一般的な誘う手順をこなしつつも、男が断れないようにセックスまで誘導します。

数回のお断りでも、「今回は、しぶといですね……」という感想でしかありません。

護衛任務を受けた時点で詰み

マリアは、自分が護衛対象であることを最大限に活かしています。
依頼を受けた主人公は、目的地に着くまで彼女から離れることは許されず、ずるずると快楽の底なし沼に嵌っていくのです。

街では、「悪魔憑きのシスターがいる」という噂が流れていて、主人公の自宅の近辺には「早く夜になってくれ」と呟く男たちが彷徨っています。

今回、マリアが森の奥にある教会へ移動になったのも、シスターの身で、多くの男と関係を持ったから。
件の悪魔憑きのシスターであるマリアの護衛任務を受けた主人公が、全てに気づいた時にはもう手遅れ。

自分が本質的にM男であることを自覚させられ、彼女の柔肌や蜜壺を味わうことしか考えられなくなります。

マリアのどこを触っても気持ちよい身体を貪るだけの人生になるのか、それとも拒否し続けた挙句にマリアの奴隷にされるのかは、プレイヤー次第です。

男が墜ちていく心理描写が秀逸

主人公は自信がない男で、マリアの手練手管によってどんどん堕落していきます。
夫を満足させられなかった妻が未熟だったのか、それとも相手が悪すぎたのかは、神のみぞ知る話です。

段階的なスキンシップで近づく女

経験豊富なマリアは、最初は他人の距離感で話してきます。
なぜなら、森の入口でいきなり迫っては、まだ正気の主人公に呆れられて、護衛任務をキャンセルされてしまう恐れがあるからです。

道中の会話によって相手の性格、傾向を探りつつ、休憩ポイントで恋人同士のような語らい。
このメリハリは、久しぶりの護衛任務で余裕のない主人公の心の壁を崩していく結果に。

主人公の許容範囲は、その大きな一物をマリアにぶち込むまで広がります。

一緒に危険な行為をしていることでの緊張感を相手への親密さと勘違いするのは、“吊り橋効果” として実証されています。
そこに、男の心と身体を知り尽くしたマリアが合わさって、逃げられない快楽天国の出来上がりです。

自分が異性であることを意識させて、相手の性的な興奮を高めていくのは、どちらかといえば男のテクニックです。
貞淑を求められる女が使うのは珍しく、それも見目麗しいマリアとなれば、効果抜群。

拒絶するほど甘美な裏切りの味

妻を裏切る不貞は、大罪の1つです。
神の前での結婚の誓いを破る行為に他ならず、最大の背徳感をもたらします。

野生動物は子育てが一段落するとまた各自で生きていくケースが多く、ライオンに至ってはハーレムです。
社会性をなくせば、男がより多くの女を孕ませたいのは、自然の摂理。

プレイヤーの選択でずっと我慢をさせられてきた主人公が、最終的には自らの意思でマリアの言いなりになる様子は、とても微笑ましい光景ですね。
絶対にやってはいけないことを犯した主人公に、もう彼女を拒むだけの柱はありません。

獣フレンズになったマリアにとって、主人公は新しい玩具です。
せっかく街で色々な男たちと楽しんでいたのに、理不尽な人事異動で森の奥への隔離。

貴重な男として、主人公を誘惑する様子には、とてつもない執念を感じます。

戦闘による服の破れで高まる興奮

魔物との戦闘になったら、マリアも攻撃されます。
破れていくシスター服は、綺麗にその巨乳の部分だけポロンとこぼれ落ちるのです。
裸になっても、マリアは大事なところを全く隠さず、主人公の食い入るような視線を楽しみます。

イベントでアップになると、肌が透けるほど薄いシスター服のため、間近では女体の上半身にある2つのピンク色まで確認できます。
夜会のナイトドレスのような露出の多さは、神に全てを捧げている修道女とは程遠い艶姿です。

手でグイッと下げるだけで丸出しになる胸元と、たくし上げやすいスリットの入ったスカート部分は、もはや娼婦と言っても過言ではありません。
これはマリアにとっての勝負服で、男を誘惑して、すぐにプレイをするための工夫です。

愛欲に溺れたマリアの虜になった主人公は、これからも足繁く通って、彼女を満足させていくでしょう。