台所とトイレがあるワンルーム!共同風呂だけど痴女おねえさん達もいる!

おねショタの抜きゲーなら、少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイクです。
学校に通うため、一人暮らしを選んだ少年。
ところが、そこには男の精をすする美少女、美女たちが住んでいたのです。

痴女おねえさん達だけの安アパート

新生活の物件選びは、とても大切です。
しかし、すぐに調べられる立地、間取り、設備の他に、隣接する部屋の住人も要チェック!

学生向けのオンボロ物件に引越し

主人公は少年で、プレイヤーが操作します。
といっても、『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク』は抜きゲーで、Hイベントが連続している流れです。

今は、「隣の部屋を訪ねて、調味料を貸してもらう」の助け合いはありません。
けれども、共同風呂のように、譲り合って使う設備があると、多少の付き合いが発生します。
水回りは配管が必要なため、単身用の安い団地、古い賃貸の一部で、六畳一間、四畳半の物件がそれですね。

それで、主人公の少年は、2Fに共同風呂がある、古いアパートに引っ越しました。
戸数が二桁に満たない、小規模の賃貸物件です。

玄関ドアは全て同じ方向を向いているうえに、外へ直結。
2Fには、金属製の外階段で上ります。

現実で、この手のボロ物件は、格安の家賃です。
アパートの一枚絵でも、汚い外壁で、もう新築で選ばない外観。
防犯どころか、蹴り一発で玄関ドアが壊れるため、若い女は暮らしません。
その手の団地では、“男性のみ” と明記しているぐらいですし……。

住人は全員が痴女おねえさん

プライバシーが皆無の、薄い壁のアパート。
一般的には、周りの生活音に耐えていくのですが……。

何と、このアパートに暮らしているのは、美少女、美女ばかり!
引越し日から、少年の自宅に集まり、台所で料理を作っての歓迎パーティーへ。

普通なら、同じアパートの住人から「うるせええええ!」と壁を叩かれるか、玄関から殴り込んでくる所業です。
しかし、ここの住人が揃っているパーティーだから、全く問題はありません。

そして、少年は、さっそく筆下ろしをされるのです。

はい。
流れるように、童貞を失いました。
「なんて早い挿入! 俺でなきゃ、見逃しちゃうね……」と言いたくなる展開です。

『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク』は、女のアソコの断面図がよく出てくるから、苦手な方は注意してください。
DLsiteの体験版で、3つぐらいのHイベントを見ることが可能です。

アソコの断面図は、本当に好き嫌いが出ますから。
実際にプレイしてから判断するのが、一番です。

どこまでも受け身で射精し続ける

主人公は、M男です。
女に組み伏せられて、主体性もなく、ひたすらに射精するだけ。

プレイヤーの視点では、主人公の少年も色々と考えていることが分かります。
しかし、ほとんどが心の声になっており、痴女のおねえさん達には言いません。

本当に受け身のプレイで、痴女にヌキヌキされるだけ。
自分から女のオッパイを揉みしだいて、ツンと尖った乳首に吸い付き、スティックのように上下左右に倒して、思い切り引っ張るシーンは、見られず。

女キャラはフルボイスで、5人を超える人数だから、声優さんが読んでくれる紙芝居です。
製品版には、全てのHシーンを【回想】から見られるセーブデータが同梱。
同人エロゲは、こういう気配りがあるから、良いですよね。

気になる本編は、それぞれの女キャラとHするだけ。
学校生活の雰囲気や、楽しいデートとか、そういうのはありません。
したがって、そのシーンを描写をした後で、すぐにプレイ開始。

心配になるレベルで朝から晩まで搾精

M男の主人公は、アパートの痴女たちのペットです。
起きてから眠るまで、ひたすらに搾られます。

引越しの挨拶でとりあえず連続抜き

引越し日の乱交で、疲労しきった少年。
だが、翌日の朝にも、痴女たちは容赦しません。

「登校しなくちゃ!」と制服を着た少年が玄関ドアを開けたら、待ち構えていた痴女と朝の一発。
いえ、二発、三発へと……。

ぶっちゃけ、この『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク』に、理性的な判断を求めてはいけません。
多くの痴女がいて、竿役の主人公がいるだけ。

穴と棒があれば、入れてみたくなる。
それ以上の理屈は、不要です。

少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク

RPGのシステムで、Hイベントが終わったら、自分で少年を操作します。
「あ、手を洗わなくちゃ……」のように、次の行動を指示されるため、そのポイントに移動した後で、調べましょう。

夜の自室は真っ暗で、「何だ、バグか?」と思いがち。
冷静に操作することが、大切です。

共同風呂で「こんにちは」からの抜き

このアパートには、共同風呂があります。
銭湯と同じで、体を洗う場所がいくつかあって、広めの浴槽に浸かる構造です。
それぞれの物件にはトイレのみで、自分の都合で利用しています。

画面に表示されると、けっこう広く、「これだけで、お金を取れるのでは?」と突っ込みたくなります。

普通なら、男女で時間帯を分けるか、アパートの入居者をどちらかに限定するのですが……。

ここには痴女しかないため、むしろ堂々と混浴になります。
銭湯の女風呂に入るシチュエーションで、やはり楽しい運動のお時間です。
女キャラはよく喋るから、言葉責めとしても極上!

基本CG62枚、絵の差分240枚で、その状況をしっかりと見られます。
アニメーションはないものの、漫画のように「女の動き」を感じられる、躍動感にあふれた構図です。

朝の「おはよう」からの朝抜き

主人公の部屋には鍵がなく、痴女おねえさん達が入り込みます。
どこかの大学生の溜まり場のようで、プライバシーの欠片もありません。

でも、主人公は驚くだけ。
M男だから、女に全てを管理されるのは、当然でしょう。

朝のトイレに入っても、痴女が前後から挟んで、さっそく射精。
もはや、普通に生活することすら、少年には許されません。

「考えたら負け」という極限状況で、少年は自分の学校に通います。
ある意味では、どんな体力自慢よりも素晴らしい、その精力だけを武器にして……。

たとえば、安アパートに住んでいる女子学生は、学校の先生とも寝ていて、経験人数は四桁ぐらい。
【数の子天井】を持っていて、主人公に媚薬を使ってくる存在でもあります。

そうです。
このアパートには、恐ろしい女の巣窟になっています。

昔のタコ部屋を思わせる状況で、タコ壺よりも吸引力があるマンマンに搾られていく日々へ。

おねショタの抜きゲーの最高到達点

M男の主人公は、アパートの女に搾られ続けます。
それが全部で、おねショタの概念が形になった作品です。

無抵抗の少年がひたすらに生バイブ扱い

「純くん」と呼ばれている少年は、女子のような顔。
文字通りに竿を使われる時に、彼の心情もテキスト表示。
魅力的な女キャラだけが【ボイス有り】だから、安心してください。

抵抗できないように少年の手は押さえられていますが、傷つける描写はありません。
無理やりに射精させて、「気持ち良かったでしょ?」という感じ。

5人ぐらいの住人と、アパートの管理人。
おまけの白黒ギャルにも、少年は白い噴水にされ続ける羽目に……。

完全に受け身のため、肉棒を咥えられる、手コキ、ずっぷりと挿入という流れです。
少年がテクニックを身に付けて、女たちをアヘアヘ言わすことはなし。

逃げ場のない、小規模のアパートで、風呂は共同。
自室にも女たちが入り込み、トイレですら2人に襲われます。
だって、少年は生バイブだから……。

シンプル・イズ・ベスト

そもそも、肉棒は、粒がたっぷりの穴に入れるもの。
ゆえに、『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク』は、搾っています。
果汁100%のごとく、どこでもHです。

RPGであるものの、戦闘はなく、レベル上げ、アイテム収集もありません。
ひたすらに、日常シーンからのHイベントだけ。

効果音、BGMは、リアル系の音。
背景についても、しっかりと用意しています。
退廃的なシチュエーションが細部まで描かれていて、線画、塗りにもプロの仕事です。

「リメイク」とあるのは、『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らし』のHシーン追加と、一部のシステム変更だから。
イラストが異なっていて、好みの問題です。

最初から最後まで逆転なしのM男向け

途中で逆転するのは、M男の風上にも置けません。
『少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らしリメイク』は、そのお約束をきちんと守っています。

古い名作だけあって、昔懐かしい抜きゲー。
一時期は、こういう「すぐHイベントが続く」という風潮でした。
止まっている絵に、文章による台詞や状況説明で、作りやすい同人エロゲです。

自分で操作して、探索すれば、そのキャラに感情移入できます。
主人公の少年はプレイヤーの分身で、この作品ではハッキリと出てくるため、この点が重要といえます。

DLsiteの登場人物が並んでいる一枚絵を見れば、「どのような感じか?」が一目瞭然。
旧はスッキリした感じで、リメイクは肉感的です。

女キャラを気に入るのかどうかで判断

パッと見た感じで、「良いな!」と思えるかどうか。
抜きゲーだけに、深く考える必要はありません。

童顔でも身体はムチムチで巨乳

顔は幼い感じですが、そのボディは外人並み。
ショタの少年と比べれば、「抵抗は無意味」とよく分かります。

全員が巨乳で、誰もがEカップで収まらないほど。
この点も、好みが分かれます。
M男向けで、「少年より強い女」として描かれていますから……。

たとえば、人気No.1のソープ嬢である『おとは』は、俵締めの名器。
ロリな表情とは裏腹に、人気踊り手、エロ漫画家でもあります。
“実の弟をズポズポで植物人間にした” という、シリアスな設定も。
催眠術でチンチ○の感度を変えられるため、少年も意識がぶっ飛ぶことに。

そんな感じで、とんでもなくヤバい女たちの巣。
知らずに入居してきた少年は、もう助かりません。
もし逃げられても、そのセックス経験のせいで、普通の女では満足できないでしょう。

学校でも白黒ギャルに目をつけられ、2人掛かりで搾られます。

乱交というより一対一の連続

後ろの女が少年の両手を押さえて、その間に前の女が襲う。
このパターンがよく見られるものの、基本的に一対一です。
1人がパイズリ、フェラ、本番をやって、満足したら、次の女に交代する流れ。

この辺りは、ヤッている女が、自分の状態を口で説明しているから。

少年も期待しているため、ウィンウィンの関係です。
2人いる場合は、プレイに参加していないほうも、言葉責めを行います。
各プレイには、描き込まれた背景の一枚絵があって、臨場感たっぷり。

音声は流れませんが、主人公の気持ちは、よく出てきます。
小説と同じで、心情だから()という区別です。
薄汚れたアパートを舞台にした、刹那的な快楽だけを求める様子が、延々と続きます。

体験版をプレイするだけで、自分との相性をチェック可能です。
抜きゲーゆえの、分かりやすさ。
商業作品と比べてボリュームが少ない同人エロゲで、その完成度は群を抜いています。

焦らしではなくストレートに挿入する

女上位だから、「ね、ねえ! セックスしようよ?」とはなりません。
「あー! 喉乾いた!」という感じで、ズポッと挿入。

喉が渇いたら、冷蔵庫に入っている冷たいドリンクを飲みます。
それと同じ話です。

RPGの見下ろし画面では、ドット絵と、会話時の立ち絵があります。
女子を意識し始めた、とある夏に、ロケット発射のごとく、少年は大人に成長。

リメイク版の主な変更点は、下記の通り。

  1. 大きな画面による表示
  2. 全てのHシーンと立ち絵の一新
  3. 新規Hシーン2つ(おとは、麻美)
  4. スキップ強化
  5. ログ機能(ボイス再生あり)
  6. メッセージウィンドウ非表示

「いちいち、一通りプレイするのが面倒」という方も、【全てのHシーンが回想で見られるセーブデータ】で安心!

日常シーンと、前戯からの挿入で、流れるようにHイベント。
オープニングで語られますが、この女たちは本当にヤバいです。
普通に、ナンパしてきた男を部屋に閉じ込めて、無抵抗になるまで、搾っていますから……。

今となっては懐かしい同人エロゲ

女主人公が活躍する、同人エロゲ界。
そんな中でも、ショタのM男は、必死に頑張っているのです。

抜きゲーの原点にかえろう

女体がある。
そして、雄々しく勃った肉棒がある。

ならば、抜こう。

それこそが、抜きゲーの原点です。

ショタのM男としての主人公は、他の同人エロゲなら「快楽墜ちのバッドエンド」という状況に放り込まれながらも、立派に勃っています。

「若い女が5人以上で、どいつも性欲ギンギンの、男子高校生よりヤバい状態だったら、どうなるか?」という、心理実験の1つです。

女の性欲は、男とは違い、際限がありません。
なぜなら、何回でもイケるから。

他人の目がない、安アパート。
隣接する敷地にいるものの、部屋の中や、共同風呂の中では、全くの無関係です。
5人を超える女が、それぞれに少年を生バイブにしたら、文字通りに休む暇がないでしょう。

名器だらけの幸せなアパート生活

俵締め、数の子天井、ミミズ千匹、イソギンチャクという、堂々たるラインナップ。
名器の女たちが住んでいる、賃貸物件。

「全ての名器の特徴を持つ未亡人」という、ラスボス。
主人公を安アパートに引きずり込んだ、張本人です。

美由紀という女で、説明文によれば――

少年の友達の母親で、前の夫の死因は「三日三晩のセックスで腹上死させた」

はい。
こいつは、ヤバすぎますね。
アニメに出てくる名探偵も、射精され続けて、口封じされそうです。

というか、これ抜きゲーなのに、設定が重すぎませんか?

この他にも、「騎乗位コンテストで優勝した、速く正確な腰振り」というギャルもいます。

女たちが性行為の日本ランカーであるのに、主人公はまだ新人。
試合を止めてくれるレフェリーがいないままで、セックス生活はどこまでも続きます。

こいつら絶対にサキュバスだ

美少女、美女の形をした、サキュバスたち。
それ以上の説明はなく、ひたすらに射精するしかない日々。

賃貸物件の管理人である美由紀が元締めで、逃げ場なし。
主人公の少年も、内心でHを期待しているため、罪悪感はありません。
まあ、現実だったら、まともに勉強できず、確実に落ちこぼれですが……。

逆転なしのM男には、女に遊ばれ続けて、人生を棒に振ることまでがワンセット。

少年の体が一枚絵にあるため、そこで篩い分け。
しかし、「女の穴の断面図」といった要素を受け入れれば、あとは搾精の天国が待っています。

フルボイスで、詳しく状況を説明してくれるから、美麗なイラスト付きのサウンドドラマ。
「おまん○」と卑猥な単語も言ってくれるので、そちらが大好物の方にもオススメです。