ショタくんは朝まで逃げられるか?廃校の女たちに捕まったら搾精タイム!

人は、暗闇を恐れます。
なぜなら、自分の命を奪う獣や、危険な場所があるから。
放課後の鬼ごっこでは、とある少年が夜中に廃校を訪れ、怪異の女たちに搾精されていくことに……。

古い廃校を深夜に1人で探索

戦前から建っていそうな、木造の校舎。
歩くと床に敷き詰められた板がギシギシと鳴る、地震があったら崩れそうな場所。

そこに、弱虫とバカにされている少年、その名も「ショタくん」が肝試しに訪れます。

自分が持っている懐中電灯の灯りだけが頼りで、恐る恐る、中を探索すると――

深夜にもかかわらず、1人の女子が立っていました。

「朝6時まで、私の友達と鬼ごっこをしてくれたら、無事に送ってあげる」

不可解な言葉を述べた女子は、脱いだパンツを持ったまま、ショタくんの背後から抱き着き、そのズボンの中にあるチ○ポを包み込む。

女子の手で、柔らかなパンツ越しに優しく握られ、シュシュシュッと扱かれる。
すると、ショタくんは我慢できずにビュビューッと射精。

この鬼ごっこは、怪異の女に捕まると、ショタくんが射精されてしまう、搾精ゲーム。
6時の鐘が鳴るまで、ひたすら逃げましょう。

文化遺産になりそうな旧校舎

もはや、現実には残っていなさそうな、古い学校。
置き忘れたままの傘、モップ、壁の時計もあって、微妙に生活感が残されています。

木の温もりを感じる校内は、すでに廃墟とあって、真っ暗です。
ショタくんが自分で持ってきた懐中電灯を点ければ、その先の僅かな部分だけ、ハッキリと見ることが可能。

つまり、鼻を摘ままれても分からないレベルの暗闇で、鬼ごっこをするのです。

このような木造校舎は、広い敷地に建っている平屋。
しかし、『放課後の鬼ごっこ』はゲームシステムの関係上、1つのフロアーが狭く、その代わりに3階まであります。

キャラの等身が高く、臨場感バツグン!

歩くと「ギィギィ」と床が鳴り、走ると「カッカッカッ」と足音。
【鬼ごっこ】だから、追ってくる怪異の音にも、注意を払う必要があります。

横スクールの2次元ですが、「左右のどちらかへ進む」と分かりやすく、【探索ポイント】や【他のエリアへ移動可能なポイント】では、白いマークを表示。
慣れれば、暗闇でも多少は動けます。

ショタくんは虐められっ子

昼の学校で男友達から見下されて、この廃校では怪異の女たちに搾られます。
ショタくんは虐められっ子で、鬼ごっこのゲームにも強制参加。

話が通じる女子と会話するも、所詮は化け物です。
最低限のルール説明が終わったら、チュートリアル的に手コキで初搾り。

冒頭にストーリー説明の画面があるものの、CGがない、ドットアニメ。
Hシーンは、プレイヤーが動かしているキャラで、そのまま突入します。

【ハートマークの数】がHPを示していて、3つのライフを全て失ったらゲームオーバーです。
いくら若いショタくんでも、連続3回も射精したら、もう立てません。

相手は怪異で、ショタくんは普通の学生。
秘められた力が解放されることはなく、隠していたチ○ポを出されて、ジュポジュポ、パンパンの末、女の気持ち良さに屈服します。

M男の理想郷とも言える、この廃校舎の鬼ごっこ。
誰でも理解できる遊びだけに、走って逃げつつも、上手くやり過ごす、ドキドキ感をすぐに味わえます。

朝6時まで鬼ごっこで逃げ切れ

ゲーム開始時に、「AM1:00」という表示。
AM6:00まで逃げ切ればクリアだから、ゲーム内の5時間で遊ぶ流れ。

【現実の約6分=ゲーム1時間】になっており、最後の瞬間まで進みます。
最初は数体ですが、ゲーム内の1時間で中間セーブを挟みつつも、どんどん怪異が増えていくことに……。

それぞれに特徴があって、相性が悪い怪異の組み合わせでは、逃げようがありません。

「ほぼ真っ暗でも、ショタくんと女の姿は、何となく見える」という状況で、絶望的な鬼ごっこが続きます。
接触したら即Hで、「無力な少年の気持ち」をひしひしと感じられる内容です。

暗い校内に、どんどん増えていく女たち。
後半になるほど、強力な怪異が登場します。

何のヒントもないままでは、無理ゲー。
しかし、【メニュー】から表示できる【マップ】を把握して、冷静に行動すれば、真っ暗の校舎の中で生き延びられるでしょう。

鬼ごっこの緊張感がすごい!

廃校というクローズドサークルで、ショタくんを助けることが、プレイヤーの使命です。
たとえば、上下に移動できる階段が、左右と真ん中にあります。

ショタくんは逃げて隠れるだけ

鬼ごっこは、「いかに鬼に見つからない場所に隠れるのか?」が問われます。
『放課後の鬼ごっこ』では、【トイレの個室】【ロッカー】などに隠れることが可能。

「じゃあ、ずっとトイレに引き籠もっていたら?」

そういうツッコミも、あるでしょう。
しかし、怪異によっては「妨害しない限り、どこにいようが襲ってくる」という場合も……。

【スタミナゲージ】を消費する全力移動で、追ってきた怪異を振り切れます。

特定のポイントを探れば、アイテムを獲得。
こちらを上手に使えるかどうかで、ショタくんの生存率が大きく変わります。
ただし、【同時に2つまで持てる】という制限ありです。

接触したら「搾精タイム」の開始

ショタくんに触った、あるいは、特定の条件を満たした怪異は、その場で犯してきます。
逆レ○プで、前戯なしのセックスへ!

女上位のプレイのため、ショタくんは反撃しません。
自分と繋がったまま、その腰を振る女の締まりに、たっぷりと白い液体を発射するのです。

文字通りに「鬼ごっこ」のため、鬼役の怪異に触られたらアウト!

ドットアニメーションは、約10種類です。
「怪異1つで、1つのHアニメーション」と考えて、問題ありません。
特定のキャラは、数種類あります。

ショタくんは「ショタ」だから、「大人の女」の姿をした怪異から見下ろされる身長です。
廊下の床で押さえ込まれ、一方的に動き続ける様子には、思わずゾクゾクしてきます。

放課後の鬼ごっこ

怪異によって行動パターンが違う

都市伝説をモチーフにした怪異たちは、大きく分けて4種類。

  1. ショタくんを追跡
  2. 特定のポイントで待ち伏せ
  3. ショタくんの行動を阻害
  4. 時間経過などで自動出現

1番に加えて、2~4番がどんどん増えていくため、「全力で逃げていたら、気づかずに他の怪異の待ち伏せに!」の展開もありがちです。

2番については、「暗闇に赤い目」といったサインがあるものの、急いでいたら見逃しそう……。

最終的には、約10体の怪異が、ショタくんの肉棒を求めて、彷徨うことに!
探索で見つかる【メモ】をしっかりと読み、早く視界から消しましょう。

ネットで攻略情報を探さずとも、トライ&エラーで大丈夫。
【マルチエンディング】で、朝6時まで生き延びたら、最後の選択を行います。
この際に、中間セーブはクリア時にリセットされるので、ご注意ください。

怖がりの人も安心の明るいモード

「真っ暗の校舎の中で、いきなり怪異に襲われる!」
刺激的な鬼ごっこは、プレイヤーの選択によって、3つの明るさに変化します。

「弱虫モード」で昼のように明るい

ショタくんの視界とは違って、プレイヤーには3つのモードがあります。

  1. デフォルトの暗さ
  2. ブルームシェーダー
  3. 弱虫モード

1番は、最も暗い空間です。
懐中電灯の光が、ショタくんの手元から広がっていき、それが唯一の希望。
中央にいる本人ですら、プレイヤーから見えにくい状態です。

2番の【ブルームシェーダー】をONにしていれば、懐中電灯で照らされた部分がより見えやすくなって、ショタくんの姿も浮かび上がります。

3番の【弱虫モード】に至っては、懐中電灯なしでも左右の端まで見えます。
後述する「電池が切れたら、どうしよう」と葛藤せずに済むため、難易度が大きく下がるのです。

背景もしっかり描かれているから、そちらを鑑賞するために【弱虫モード】にしても、良いでしょう。

懐中電灯の電池が切れた時の絶望

懐中電灯には、【電池の残量】という概念があります。
探索シーンで常に表示されていて、これが切れたら、何も見えない状態に……。

拾えるアイテムによって補充できるものの、基本的に「こまめに切って、電池を節約する」という方針です。
【弱虫モード】をONにしている場合は、その限りではありません。

「懐中電灯をボタンでON/OFFできる」と知らないまま、あっさりと暗闇に沈むのは、初見プレイのお約束です。

無理に懐中電灯に頼った攻略をする必要はないから、「面倒だから、弱虫モードON!」で構わないでしょう。
こだわっている方は、ぜひ真の意味でクリアしてください!

便利な【弱虫モード】を搭載しているが、難易度の変更はありません。
どんどん増えていく怪異に恐怖しながらも、逃げ続けましょう。

隠れる場合は「怪異の視野外」で行おう

隠れられる場所でも、「同じエリアにいる状態で隠れる」と見つかります。
ちゃんと振り切った後で、隠れましょう。

いったん消滅するまでの時間があるから、「よし、隠れられた!」と油断せずに、しっかり外の様子をチェックすることが大切です。
逆に、「その怪異がいるエリアから脱出」が必須となる場合もあって、「どのタイプの怪異なのか?」の見極めを要求されます。

音をよく聞くことが、この『放課後の鬼ごっこ』の大きなポイントです。
イヤホンをつけない方は、少しBGMのボリュームを上げたほうが良いのでは?

「怪異の足音」といった情報は、かなり重要です。

攻略のポイントは、回復アイテムをしっかりと回収すること。
時間帯で怪異が増えていくため、厳しい状況になる後半に備えるべきです。

隠れているだけでは追い詰められるから、積極的に動くことで回避しなければなりません。

怪異の特徴を覚えて、彼女たちが立てている音を聞き、廃校のマップから最適な逃亡ルートを構築。
いつも冷静に、それでいて大胆に動く。

攻撃の手段がない少年は、あなたの導きで、たくましく成長します。

どんどん増えていく怪異の女

初期の配置では、数種類。
しかし、中盤を過ぎれば、オールスターの状態で逃げ回る状態に……。

表示される時間に注意!

ゲームクリアは、「朝6時までの生存」です。
ゆえに、プレイヤーが最も意識するべき部分。

怪異によっては、一定時間の経過で襲ってくるため、「今が何時で、どの怪異が出たのか?」が重要です。

プレイしていくと、怪異の出現から消えるまでの時間や、出現したことを早く察知できるように成長します。

主人公のショタくんは、何の攻撃手段もなく、走り続けたら息が上がる少年です。
画面の前のプレイヤーが頭を使い、勘も駆使して、しつこい怪異の魔の手から逃がしてあげることをオススメします。

「できるだけ有利な状態で、次の時間帯に引き継ぐ」

どんどん追い詰められていくため、全ての猶予を使い切る前に、朝を迎えることを狙いましょう。

鬼役が多すぎて後半はキツい

「複数の追跡を受けつつも、待ち伏せ」
後半では、これが普通の状態です。

かといって、ただトイレやロッカーに隠れていても、いずれ詰みます。
何しろ、「安置に隠れている奴は、いないー?」と言わんばかりに、エリア移動を強制してくる怪異がいますから……。

ドット絵はコミカルで、ホラー感が薄いです。
しかし、その鬼役の仕事ぶりは、まさに本物!

最後まで緊張感が持続するのは、制作者さまの「鬼ごっこ」という選択ゆえ。

行動パターンは固定ですが、出現はランダム。
補助アイテムを有効に使えば、「どこをどうしても攻略できない」という事態には陥らないでしょう。

「一ヶ所に隠れられず、常に走り回る」
これをどう捉えるのかで、この『放課後の鬼ごっこ』の評価が決まります。

初見で全てを回避することは難しく、「遊んでいたら、自然に一通りのHアニメーションを体験した」という感想です。
わざと敗北する作業をカットしているため、スッキリした後味。

メモを集めることで敵を知る

校舎内に落ちている【メモ】は、前述したように、怪異への対策が書かれています。
この情報を集めて、それぞれに見合った対応を取ることが、クリアへの早道です。

おねショタは新しい時代に突入

ありそうでなかった、「怪異の女による、ショタへの悪戯」というシチュ。
気軽に遊べて、シコれるHアニメーションです。

クリアまでは短くて長い

通しでプレイすれば、30分ちょい。
「朝6時でクリア」と決まっているので、ダラダラと続かず、ピシッと終わります。

ですが、それは「朝まで耐えられれば」という話……。

平均的には、クリアまで2~3時間。
怪異のパターンを覚えつつ、アイテムの使い方を効率化していきます。

中盤からの逃走は、どこぞの番組を思い出す雰囲気。
入り組んでいる廃校ですが、全く遭遇せずに過ごすことは不可能です。
というか、メタ的に「隠れ続けるプレイ」を潰してきます。

中間セーブがあるから、分割した攻略も可能。

明るさを変更しない場合は、かなりの緊張感です。
懐中電灯の灯りは、【電池】が切れたら終了。
何も見えない状態で、約10体の怪異に襲われますから……。

Hアニメーションはよく動く

ドット絵は、ショタくんの状態をしっかりと描写してくれます。
通常モードの追いかけと、捕獲した後のHは、どちらも大迫力です。

製品版では、最初から閲覧できる【ギャラリー】を完備。
全ての怪異が立っていて、それぞれにHシーンを再現してくれます。
逃げる必要がないから、じっくりと観察できる環境。

漫画的な「ペロペロ」のような擬音が周りに浮かび、それっぽいSEも流れます。
一定の動作を繰り返すアニメーションで、最後にショタくんが「ドピュッ!」と射精して終了です。

動きはハードですが、バリエーションはなし。
本番は「杭打ちプレス」ぐらいにパンパンとするものの、怪異によってはフェラだけ。

DLsiteの体験版でも、数種類のHアニメーションを視聴することが可能。
ヌルヌルと動くので、ぜひ一度どうぞ!

廃校の中は、一般の教室、男女トイレの他に、職員室、科学室、美術室も。
明るいモードにしたうえで、ゆっくりと探検してみることもオススメです。

シンプルだけど興奮する遊び

追われる獲物となる、鬼ごっこ。
それは、子供のころだけに許された、友人との遊びです。

言語に関係なく、誰もが楽しめる、完成度の高い遊戯。
『放課後の鬼ごっこ』は、その18禁バージョンで、おねショタの新境地でもあります。

射精を覚えたばかりの少年が、意地悪な美女、あるいは、同級生の女子にチ○ポを扱かれまくる。
一足早くに、女のマ○コも生で味わい、文字通りに一皮むけた男へ!

横スクロールだから、3D酔いとは無縁。
暗闇でも、【白いマーク】のおかげで探索、移動ポイントが一目瞭然。

刺激的で、悪いお姉さんに筆下ろしされる、いけない鬼ごっこ。

この同人エロゲで、淫乱な女子、美女に襲われてみませんか?