拘束と催眠でイキまくり!バステを重複させて少女を淫液まみれに!

富士山の麓で地下に潜り、世間に知られないままで、人類を救ったハスミ。
ミッションマーメイデン-ハスミと深海の姉妹-で、彼女は正式に特殊部隊のメンバーとなり、ジャングルで発見されたバイオ兵器の調査へ。
そして、拘束と催眠による悦楽の宴も、再びスタートすることに……。

人類を救ったハスミは敵地を駆ける

前作のテイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-とは異なり、アクションゲームです。
そのため、キャラと世界観は踏襲しながらも、より面白い同人エロゲに仕上がっています。

エロゲでお馴染みの敵から手厚い「おもてなし」

『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』は、全ての敵がH攻撃をしてきます。
アクションゲームのため、「RPGでチマチマと進めるのは、かったるい!」という方も大満足。

前作では、変身後のハスミを敗北させる必要がありました。
しかし、今回は戦闘中のHがメインで、ゲーム開始から数分で最初のHシーンを見られます。

RPGツクールMVから、Unityに変わって、同人エロゲとは思えない完成度です。
ただし、パソコンの性能を要求されるため、DLsiteの体験版で、グラフィック表示などの動作家訓を行いましょう。
個人的には、「そこまでスペックを要求されない」といった感じでした。
とはいえ、古いパソコンでは、描画するのに時間を必要とする恐れがあります。

以前のシンボルエンカウントのように、「Hイベントがある敵か?」と識別する必要はなく、その上に画面をスクロールするだけで補充されます。
手っとり早く、お気に入りのHシーンを見たい方に優しく、気軽にプレイできるのです。

ゲームパッドに対応しているから、すでにお持ちか、「せっかくだから、用意しておくか」とお考えの方にもオススメです。

拘束から催眠の流れは前作を踏襲

前作で好評だった「拘束されたハスミが、快楽に喘ぎ、絶頂を繰り返す」流れは、健在です。
イベントシーンでは、左右に登場人物の立ち絵が表示され、テキストによる会話。

今回は、特定の条件を満たした【ボスの特殊イベント】を除いて、敗北Hがありません。
敵と接触したら拘束されて、左右の入力による【対抗ゲージ】を溜めていきます。
このゲージが満タンになれば、ハスミを拘束している敵を振りほどける仕組み。

逆に言えば、それを達成するまでは、どれだけ「イクぅ~!」と叫んでも、快楽の無限天国。
拘束された直後は、身を捩って抵抗するも、やがてオッパイ、尻をひん剥かれて、触手や指を突っ込まれ、ズポズポと動かれます。

変身することで脱出できますが、エネルギーの【Eゲージ】が満タンにしなければいけません。

体力ゲージの下にある【性感ゲージ】が上限値になる度に、ハスミは絶頂します。
おまけに、対抗ゲージは、催眠などの状態で、減少する一方の時間が生じるのです。
鬱陶しいため、【オプション】から選べる【オートレジスト】をONにしておきましょう。

ボスの特殊イベントの条件などは、DLsiteの体験版の中にある【攻略のヒント】でチェック可能。

状態異常によって敵の反応が変わる

ハスミは、敵のH攻撃によって【状態異常】が付与されます。
選んだステージを右へ進んでいくため、次々にバステが増えていくのです。

基本的に、同じH攻撃を受け続けると、「恍惚の刻印」がつきます。
淫紋の効果があり、身体が疼くハスミは通常と異なる感覚へ。

上から落ちてくる粘液に当たると、「粘液まみれ」に。
この状態では、踏み潰せるナメクジの群れが、纏わりつくのです。

ただ、状態異常を重ねすぎると、ハスミを操作しにくくなります。
変身することで戦闘力が大幅に上昇するものの、その間はエネルギーを消費する仕組みです。

セーラー服で捕まっている時に変身すれば、脱出できます。
けれども、変身後に捕まったら、自力で抵抗するしかありません。

「特定の状態異常のままで、次のステージに行くこと」がイベント発生の条件もあるため、色々と試してみましょう。

1ステージは短めで、アクションゲームの初心者もクリアできます。
【難易度の選択】によって、間口が広いゲームです。

動き回る美少女は状態異常で喘ぐ

ストーリー重視だった前作とは異なり、今回は簡単にH行為で「アンアン❤」を楽しめます。
物語は、シリアスですが……。

流れるように拘束されてHへ突入するハスミ

『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』は、プレイヤーが操っている少女、ハスミが敵と接触することで、拘束されます。
すぐには服を脱がされず、身体を捩って、逃れようと試みるのです。

レバガチャによる【対抗ゲージ】を溜めれば、その敵は消滅します。
放置するか、タイムアップ時には、ハスミのセーラー服(変身スーツ)を脱がされ、破られ、オッパイや股間を弄られることに……。

今回のHイベントも、拘束・催眠が多く、時には「一定条件を満たしたら、強制発動」になります。
「やり直しは面倒だな」と思う方は、ステージクリアの後で、忘れずにセーブ!

アニメーションで見られるのは、嬉しい限り。
ただし、通常の画面は、遠くから撮影する形です。
「ハスミの一枚絵をじっくり見たい」という方は、注意してください。

製品版の【ギャラリー】なら、ズーム、スキップが思いのままです。
じっくりと楽しみたい方は、こちらをどうぞ。
クリア時の全開放で、いちいちコンプリートしなくても大丈夫!

状態異常は治療するまで継続する

H攻撃を受けたハスミは、「母乳体質」「搾乳願望」「潜在催眠」と、様々な【状態異常】が付与されていきます。
見た目も変わるので、雰囲気バツグン!

拠点で購入した【ピュリファイヤー】を使えば、解除することが可能です。
面倒を避けるために、拠点では「いったん解除した異常をつける」という選択もできます。

丁寧に作り込んでいるため、「あ! この状態異常で、ハスミはこうなるんだ……」と新しい発見がある同人エロゲです。
コレクション代わりに、どんどん付与していくことも。

前作の『テイル・アンダークラスト ーハスミと最後の7日間-』とは違い、シームレスに続いていく場面で、喘ぎまくり、疼く体に戸惑うハスミを見られます。

状態異常を集めるのは、この同人エロゲの大きな楽しみです。
やられて、ステージをやり直す手間はありますが、「失敗したら、どうしよう?」と悩みません。

効果などの説明文を読むと、より深く味わえるでしょう。
予備知識があれば、「今のハスミは、こんな状態か」と頷けます。

重複した状態異常でバトル中なのに連続アクメ

長くHをされるほど、状態異常がつきます。
前述で「拘束されたら、抵抗しなければならない」と説明しましたが、放っておいたら延々と中を抉られるだけ。

HPが減っても、なかなか死にません。
ゆえに、敵の拘束を振りほどくまで、Hシーンが続きます。

見応えがある、艶めかしく腰を動かすことは、【性感ゲージ】による絶頂へ。
イッた直後には、お股の割れ目から愛汁をダラダラと滴らせて、放心状態になります。
1回の絶頂で解放されることはなく、一定間隔でまた凌辱が続くのです。

敵の種類によっては、拘束されたハスミの凌辱に、途中で加わります。

『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』のHシーンでは、「ビクッ」のように擬音も表示されます。
ズームしても美しく、細部まで描かれているため、催眠で目がハートマークになっていることも……。

声優の名前は出ていますが、基本的に喘ぎ声と、短文のみです。
イベント時には、表示されるテキストで進みます。
SEも素晴らしく、高解像度にも対応!

ミッションマーメイデン-ハスミと深海の姉妹-

2作目は爽快なアクションゲーム

自分でハスミを動かして、攻撃と回避を行う、アクションゲームです。
初心者も、Hシーンや物語に専念できます。

横スクロールで立ちはだかる敵を吹っ飛ばす

ハスミの性能は、セーラー服の状態でも、かなり高いです。
前作の続きのため、「どうして強いのか?」という説明はありません。

豊富な会話シーンで説明していた前作とは、かなり雰囲気が違います。
体験版によって、自分との相性を確かめてみましょう。

キーボードでも、スイスイと進められます。
世界観を示しつつ、順番にボタン操作を教えてくれるから、安心です。
ジャンプに少し癖がありますが、すぐにコツを掴める範囲。

1ステージは3マップぐらいで、一番右にある出口に触れれば、次のマップへ。
最後にボスが待ち受けていて、画面の1/3を占めるほどの強敵とのバトルです。

雑魚は、セーラー服のハスミでも一撃。
近づきすぎると拘束されるため、離れた位置から攻撃することをオススメします。

穴に落下しやすいので、そちらに注意したほうが、良い感じです。

変身によるピンチ脱出は少女を輝かせる

『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』は、変身ヒロインの醍醐味をじっくりと味わえます。
画面の左上にある【Eゲージ】が満タンになれば、任意に変身できるのです。

たとえば、敵に拘束されて、連続アクメでも、変身することで振り払えます。
状態異常はなくなり、HPも回復。
ちなみに、「変身しても、状態異常が残る」といった、デバフ装備もあります。

むろん、攻略に役立つ装備も、多く用意されています。
各ステージで入手した【ステイン】というアイテムを使い、どんどん購入しましょう。
4つのスロットに適用すれば、性能アップです。

元々の難易度は高くありませんが、前述した通り、難易度の選択を行えます。
拘束する罠が目立っており、サクサクと遊びたい方は、優しいほうがお勧めです。

いかにも戦闘用のスーツは、大いに雰囲気を盛り上げてくれます。
髪の色など、目につく部位が変わるため、「これなら、勝てそう!」と勇気が湧くのです。

とっておきの必殺技でボスも一気に薙ぎ払おう!

変身したハスミは、残っている【Eゲージ】を全て消費することで、必殺技を放てます。
両手で持つレーザーガトリングで、右側の敵を薙ぎ払えるのです。
弾幕は、パワーだぜ!

反動が大きいのか、ハスミは両足で踏ん張り、射撃中に動けません。
したがって、雑魚を相手に撃つと、けっこうムダ弾に……。

このレーザーガトリングは、ボス戦でお役立ち。
巨体で動きが鈍いため、面白いぐらいに当たります。

チュートリアルでは、ノリノリで説明してくれます。
とにかく、爽快です!

この必殺技と、Eゲージを全回復する【モバイルチャージャー】を組み合わせれば、誰でもボスを瞬殺できるわけで。

ボスにもH攻撃があるので、「ゆっくりと楽しんでから」とするのも、良いでしょう。

Hシーンではヌルヌルと動く

『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』のHイベントは、よく動きます。
敵の上などに拘束されて、その腰をくねらせつつ、喘えぎ続けるハスミ。

ステージ上の敵に接触したらプレイ開始

ステージ開始で、ハスミを右に走らせましょう。
画面上には敵がいるため、武器を振り回すことで倒せます。

主人公であるハスミの武器は、槍のようなポールウェポンです。
ゲーム上でもリーチが長く、「武器の間合いが短すぎる!」と嘆かずに済みます。

移動スピードは速く、二段、三段ジャンプ(後者はタイミングが重要です)で、トントン拍子に進められるゲームです。

横スクロールであるものの、上下への移動が可能で、ぴょんぴょんと上っていきます。
地面より下は、落ちたらアウトの穴か、イベントによる進行が多いです。

敵に接触したら拘束される上に、けっこう範囲が広く……。

「調子よく進んでいたら、落下地点や、上のポイントに敵がいて、空中からの合体」と、かなり愉快な結果になることが、しばしばあります。
全く意図せずに、ガシッ! と掴まれるハスミは、もはやギャグの領域。

ハスミは必死に抵抗しながらも快楽でイく

催眠によって、トロトロの女体になるものの、ハスミは普通の女子校生です。
そのため、敵に捕まったら、必死に抵抗します。

「いやっ!」と身を捩りつつ、自分の手足を拘束するワイヤー、触手、機械のケーブルを引きちぎろうと頑張ります。
まあ、催眠、催淫によって、喜んでヨガりまくる牝になるのですが!

アクションゲームの中で、【拘束→脱がせ→性感帯への刺激→本番】が丁寧に表現されています。
絶頂するほどに抵抗力が弱まって、「【対抗ゲージ】の入力を一定時間だけ受け付けない」といった状態へ。

拠点でアイテムを用意できるから、「敵が群がりすぎて、ウザい!」という場合でも、変身で蹴散らせます。
逆に言えば、変身できない状態のまま、拘束されていると、かなり面倒です。

アイテムは安いから、常に携帯しておきましょう。
空きスロットに、そのステージに向いている装備品をつけておくことも、忘れずに!

Hされ続けて変身が解除される様子が最高!

フィールドと戦闘の境目がなく、変身後のハスミがHをされ続けて、セーラー服に戻る場面もあります。
ヒロインピンチ、略してヒロピンとして、最高のシチュエーションです。

前述した【Eゲージ】は、変身後に少しずつ減っていきます。
さらに、H行為をされ続けたら、どんどん吸収されることに……。

ボスも楽に倒せる戦闘スーツで、両手両足を縛られ、2つのオッパイ、縦の割れ目をさらけ出すハスミ。
やがて、全身が光に包まれ、ただの少女に戻るのです。

この流れは、前作の『テイル・アンダークラスト ーハスミと最後の7日間-』にはなく、セーラー服と変身スーツの良いところ取り。

前作でハスミは処女を失っているため、そこら辺を気にする必要はありません。
遠慮なく、どんどん、ズコズコと、気持ち良くさせましょう。

ストーリーはけっこうシリアス

ハスミが禁断の快楽に溺れている今作ですが、けっこう重いストーリーです。
この同人エロゲは、SFに分類されていますから……。

バイオ兵器を開発している姉妹2人を追え!

隕石群による、星外の生命体の脅威をなくした前作。
西暦2101年には、軍の調査部隊に所属したハスミが、カリマンタンの森林へと出向きます。

「未知のバイオ兵器が、確認された」

その報告に基づいての、現地調査。

しかし、そのポイントの近辺で攻撃を受け、ハスミは制服のスカートをはためかせつつ、ジャングルへと降下するのだった。

というわけで、『ミッションマーメイデン―ハスミと深海の姉妹―』がスタート。

マリ、サキという、2人の姉妹。
彼女たちを頂点とした、アンドロイドによる武装集団と遭遇したハスミは、否応なく、戦いに巻き込まれていきます。

人の記憶、人格を焼きつけた、機械の体。
SFとして、それを実現した世界観で、新たな冒険が幕を開けるのです。

トゥルーエンディングを目指して二周目へ

ステージ中には、【フラグメント】という、重要アイテムもあります。
隠し部屋にあって、それらを全て回収することが、トゥルーエンディングの条件です。

頭をひねる謎解きではなく、少し分かりにくいルートに隠されている感じ。
隈なく調べれば、いずれ見つけられます。
背景も綺麗だから、もう一度プレイしてみるのが吉。

各ステージは、クリア後にいつでも選べます。
隠されている【フラグメント】の数と、現在の取得数も、一緒に表示。

通常のエンディングを見た後で、不足している【フラグメント】を集めれば、それでトゥルーエンディングも見られます。
まだ取得していない【状態異常】を求めて、ハスミをどんどん淫乱にしてあげましょう。

前作より累計ランキングが大幅に上昇した

DLsiteの累計ランキング47位で、前作よりも大きく上がりました。
時間のかかるRPGと比べて、それだけ間口が広かったのです。

アクションゲームでも、難易度やシステムが作り込まれていて、テストプレイを重ねたことを窺えますね。

3時間ぐらいで完全攻略できるものの、サクサクと進められる難易度での話。
ボリュームと完成度に対して、お値段も手頃です。

拘束・催眠のジャンルが好みで、アクションゲームを嫌っていなければ、ぜひ押さえておきたい名作と言えます。

モブの敵では、男キャラもいます。
けれど、アンドロイドのように機械的なデザインで、「街にいる男たちに組み伏せられる」というわけではありません。

凌辱ですが、催眠によってハスミも喜ぶため、「いつまでも、嫌がってくれるほうが」という方は注意しましょう。
やっているプレイは過激ですが、一枚絵ではないため、同人エロゲの初心者も安心!