女子校生の変身ヒロインは戦い続ける!約束されし敗北の悦楽へ!

アドベンチャーゲームの要素を加えた、Hなベルトスクロールアクション!
変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウンは、お手軽に変身ヒロインの痴態を楽しめます。
アクションが苦手な方でも、簡単にコンボを繋ぐことが可能です。

ストレスフリーの敗北H

「RPGで進めていくのは、かったるい!」
しかし、この同人エロゲならば、開始から数分で、敗北Hを拝めます。

ベルトスクロールで敵を薙ぎ倒そう

主人公の美少女、東堂院 沙姫(とうどういん さき)を右側へ動かしていく。
『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』でプレイヤーがやるべきことは、たったそれだけ。

【ベルトスクロール】は、横から見ている、サイドビューの視点です。
工場のベルトコンベアのように、一方方向へ進み続けることから、名付けられました。
キャラクターの上下の移動は、画面の手前と奥に進めて、疑似的に3Dっぽい演出です。

敵が左右から湧いてくるので、それを倒しながら、一番右まで到達することを目指しましょう。

モブ敵は、いかにもな戦闘員、犬のような魔獣、一般市民、触手。
アクションゲームらしく、手強い中ボスを倒せば、そのステージを突破できます。

2種類のHで少女の堕落を楽しめる

気になるHシーンは、横スクロールの【アクションシーン】で敵に捕まった場合と、【シナリオ説明シーン】でアドベンチャーによる自動進行の2つです。

前者の【アクションシーン】は、ドット絵のアニメーションです。
戦闘中のままで行われ、シャインミラージュが力尽きるまでは、振りほどけます。
敗北した場合は、もはや抵抗できず、組み伏せているモブ敵に蹂躙され続けることに……。

この敗北Hになると、左側にシャインミラージュの顔がある、テキスト画面も表示。
女キャラはフルボイスだから、主人公のシャインミラージュの視点で、「自分がいかに感じているのか?」を語ってくれます。

【シナリオ説明シーン】は、一枚絵のCGにテキストが表示される、定番のアドベンチャーゲームです。
こちらは「悪の組織ダーククライムが、何を考えているのか?」を示してくれる上に、「私立光陽学園に通っている東堂院沙姫の様子」も分かります。

豪華声優陣でアニメのような作品

同人エロゲで「ボイスあり」は数あれど、ここまで女性の声優が多いことは珍しいです。
以下に、敬称略で、クレジットされている方々を表記します。

  1. 佐倉もも花
  2. 梅原亜衣
  3. こたつみやこ
  4. 空美夜つばさ
  5. 彩瀬ゆり
  6. 猫野うさぎ
  7. 大宮若葉

これだけのラインナップで、しかもフルボイスです。

最も多く話すのは、主人公のシャインミラージュ。
その親友である塚原澪。
女幹部のミスティ。
その他にも、メイド、女戦闘員、少女、女子生徒まで、ボイス付き。

基本的にシャインミラージュの主観で、その状況を語ります。
残りのメンバーは、彼女を言葉責めにしつつ、「次にどうするのか?」を説明するのです。

18禁の『なろう』で圧倒的な人気を誇る作品のゲーム化!
この『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』は、原作者による書き下ろしシナリオです。

優等生は女の悦びを知る

育ちが良く、優秀で、品行方正な女。
それを体現した東堂院沙姫は、まだ重要なことを知りません。

徹底したアナルへのこだわり

この『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』は、アナルにこだわっています。

原則的にブツは出ないため、絵面としては普通のセックスと同じです。
ただし、主人公のシャインミラージュは、卑猥な単語を連呼します。
普通の穴にも突っ込むので、「どうして、そちらに入れるんだ?」という方は注意しましょう。

性を知らない女子校生を調教していくHで、強いはずのシャインミラージュを組み伏せてのプレイはそそります。
面倒な手順を必要とせず、敵と接触したら、すぐにアクションの開始です。
ゲームオーバーになるまでは、ひたすらに抵抗します。

優秀なライターさんが担当しているため、商業ブランドと同じ描写です。
システムは他の同人エロゲと同じであるものの、バグが少ない完成度の高さと、女だけフルボイスによって、何度でもシコれます。

定番のフタナリで新たな快感に浸る

今作では、「シャインミラージュのお豆が巨大化して、フタナリ化」というシチュエーションがあります。
ゴスロリ少女のミスティとの絡みで、美少女だけの逆レイ○になることも……。

元がクリだけに、シャインミラージュが自分で扱けば、普通ではあり得ない快感を得られます。
敗北Hの一枚絵でも、美しい顔をバカみたいに崩して、新たな世界の悦びを味わっていることが丸分かりです。

フタナリの状況は、添え物ぐらい。
アナル責めが中心のため、過度な期待は止めておきましょう。

もっとも、1回の敗北Hが濃厚で、シャインミラージュの心情や、周囲の状況がしっかり描写されている、女だけフルボイスだから、満足度は非常に高いです。
DLsiteのランキング、年間14位、累計147位は、伊達ではありません。

競争が激しいWEB小説の界隈で、上位にいる作品がベース。
商業作品と考えたら、この値段はお得です。

必ずやってくる敗北へ突き進む

異世界からの侵略者である、ダーククライム。
その怪人、戦闘員に対抗できるのは、東堂院財閥のご令嬢である東堂院沙姫だけ。
彼女は、まばゆい光と共に現れた宝石箱、その神聖なエナジーによって、変幻装姫シャインミラージュに変身する。

まあ、そんなわけで……。

そのうち、快楽墜ちすることは、ほぼ確定っぽいです!

あまり説明するとネタバレになりますが、勝利していても、どんどん性に目覚めていきます。
そのため、「あー。このヒロイン、じきに墜ちるな……」という感想に。

しかも、アナルで開発されていくのだから、業が深い娘です。

シャインミラージュの戦闘スーツも、新体操のレオタードで、股間の食い込みがすごい。
巨乳の乳首も、ぷっくりと突き出ていますし、最初から好き者なのでしょう。

変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン

悪の組織は手加減をしない

全年齢とは違い、この悪の組織は徹底的にシャインミラージュを穢していきます。
制限を外された敵に、男を知らない少女は成す術もありません。

被ダメージで衣装の破損

アクションゲームでは、被ダメージによる【衣装破損】あり。
変身ヒロインですが、戦闘中は常にバトルスーツとなります。

会話によって、プレイヤーは「今がどういう状況なのか?」を理解できる流れ。
男キャラは文章のみで、女キャラは喋ります。
全てを見通せる、第三者の視点のため、これまでを理解しつつも、「次にどうなるのか?」を期待して、次のステージに進める寸法です。

ステージ中は、モブ敵のバリエーションは少ないものの、シャインミラージュの描き込みが秀逸です。
戦闘中のアクションは、その時のコマンド入力、状態で変化しますし、アクションH、敗北Hもしっかりと動きます。

全体を映しているので、遠目に見るしかありませんが、その代わりにアニメーションです。
ドット絵だからこその姿勢、「前後から男に挟まれる」「跪いた状態で上の口に突っ込まれる」などを楽しめます。

敗北回数と敵によってHシーンが変化

単調になりがちなアクションですが、敗北回数、敵ごとにHイベントが変化します。
アドベンチャーパートは、一枚絵によって、同じ展開です。

ドット絵をよく見れば、アクションHの最中では、シャインミラージュの表情が羞恥に染まっています。
モブは適当に、だが主人公は細部まで描き込み、どう動いても崩れません。
長髪がなびく様子や、武器の長剣を振るい、空中から連続キックを叩き込む姿は、まさに無敵のヒロイン!

Hシーンは、モブ敵1種類につき、1つです。
敗北回数による変化はあれども、プレイそのものは同じです。
狙っているモブ敵で敗北する必要があるため、その点にも注意しましょう。

ストーリーは、「悪の組織を倒す」というだけ。
しかも、回数による変化があるため、実質的なHイベントの数は2倍、3倍です。

基本的に、「1回目は嫌悪、2回目で快楽を楽しみ始めて、3回目以降で夢中になってしまう」といった、段階的なエロ。
最終的には、「正義の心」が性技になってしまい、悪の組織に連続アクメさせられる、一介の牝奴隷へ。

アニメHシーンの回想モードあり

改めて説明すると、『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』の敗北Hは、一枚絵のCGと、ドットエロの選択制です。

CGは動かないものの、表情の差分、カットイン的な演出で、とても躍動感があります。
周囲の状況が分かりにくいため、シャインミラージュの心理描写などで文章量は多めです。

【回想モード】でも、30シーン以上。
ちなみに、これは1回目、2回目とは別のカウントだから、実質的に60以上です。
同人エロゲとしては高めの値段ですが、これなら納得!

あと、【回想モード】の敗北Hでドットエロを選べば、その体位、テキストを選べます。

具体的に説明すると、イラマチオさせている場面で、「横から見るか? 後ろから見るか?」といった感じです。
これに好きなテキストを選べるため、自分の好みにカスタマイズして、抜けます。

初心者に優しいアクション

「アクションゲームは苦手だから……」と悩んでいる方に、朗報です。
この『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』は、キャラを強化できます。

ポイントで主人公を強化できる

全7ステージで、1時間あればクリア可能。
回想モードを埋めるための【ヒント機能】の他に、ポイント消費による【キャラ強化】もあるのです。

難易度は4種類で、最も簡単なイージーならば、初心者でも安心。
ただし、「ノーマルでも、キャラ強化なしでは、けっこう歯応えがある」という意見もあって、シャインミラージュを強化していくことが前提です。

キーボード、ゲームパッド、マウスのどれでも、プレイ可能です。
体験版もスイスイと進められますが、一部では特定のコマンド入力を求められます。

【ミッション】として、「コンボ50ヒット以上の達成」なども設定されています。
無事に達成すれば、ミッションクリア時にご褒美ボイスを聞けるのです。
アクションが苦手だと、これを達成するのは、厳しいでしょう。
こちらを目標とするのならば、ゲームパッドが必須。

ボタン連打でコンボになるから簡単

前述のコンボ達成を狙わなければ、ボタン連打でモブ敵を倒せます。
レイピアのような剣を持っているので、リーチとしても十分。

周囲を巻き込んで、群がった敵をまとめて吹き飛ばす必殺技、サンダー・スピアなどで、どんどん敵を倒しましょう。
ボイス付きで発動する技は、いくつかあります。

疑似的に奥行きがある2Dで、横の軸線が合った敵だけ、ダメージを与えられます。
敵も同じ扱いのため、ズレている位置の敵は、そのまま通り過ぎる仕組みです。

アクションゲームとしても、よくできています。
コミケ会場のように集まってきたモブ敵を蹴り飛ばし、振るった剣で敵を吹っ飛ばしましょう。

ただ、モブ敵と接触した場合に、けっこうダメージを受けます。
同人エロゲとして、早くHシーンを見せるためですが……。

組み伏せられても、そこそこで復帰するから、「立ち上がった瞬間にまた倒される」というイライラはないです。

アクション中にもHシーンを見られる

面倒な手間がなく、わざと倒さされれば、すぐにHシーンです。
シームレスに抜ける場面へ移って、しかも濃厚!

「アドベンチャーゲームは、動きがなさすぎる」
「でも、CGの一枚絵が欲しい」
「せっかく女主人公なら、フルボイスで!」
「細かく心情を描写してよ!」
「ドット絵で動くHシーンも見たい」

それらの要望を全て取り入れたのが、『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』です。

特筆するべきことは、シャインミラージュ役の声優さんが上手であること!
商業ブランドに出ている、芸能事務所の声優が名乗っている別名のごとく、頑張っています。
他の方々が下手というわけではありませんが、ここまでの名演技はちょっと見かけませんね。

マルチメディア展開のエロゲ

『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』は、マルチメディア展開をしています。
小説、コミックも出ているのです。

原作小説と連載漫画もある

同人エロゲでありながらも、小説、コミックも発売しています。
どちらも本気で作られており、このヒロインを気に入った方は要チェックです。

『変幻装姫シャインミラージュ 砕かれるプライド、穢される存在』は、ゲーム版で大好評だった心理描写などに力を入れています。
Hとは無縁のお嬢さまが、社会の闇に潜むしかない戦闘員や、同じく疲れ切った市民に凌辱されていき、その心身が変わっていくことに。

コミックの『変幻装姫シャインミラージュ THE COMIC1』は、よりHシーンに特化。
小難しい理屈を抜きにして、とにかくエロ! どこまでもエロ!

もはや、「様々な分野のプロが集まって、楽しみながら作り上げた」という感の、煌めく作品群。
同人業界も、ここまで来ました。

生意気な女子校生が捕まり、ジワジワと追い詰められ、快楽の海に溺れていく過程。
その戸惑い、まだ性感帯が開発されていないゆえの痛みは、どれも珠玉です。

分かりやすいマルチエンディング

同人エロゲの『変幻装姫シャインミラージュ 敗北へのカウントダウン』に話を戻すと、2つのエンディングがあります。
分岐はシンプルで、そこは実際に遊んでみてのお楽しみです。

闇墜ちの要素もありますが、本編は「正義のヒロイン」だから、あまり期待できません。
バッドエンディングは、どれも絶頂しながらの、見る影もない凋落です。

変身ヒロインのお約束を守り、大団円を目指す?
それとも、わざとフラグを立てて、最後の最後で落とし穴に嵌まるか……。

別に意地悪な仕掛けではないから、お気楽にどちらのエンディングも見ておきましょう。
どちらも、非常にシコれます。
抜くことに貴賤はなく、エロければ正義なのです。

ベルトスクロールの老舗らしい名作

ミルフィーユ/ぷちミルフィーユ様は、『エッチなベルトスクロールアクション』のシリーズを販売しています。
特定の分野に集中することで、ブランド化。

前作のノウハウを反映しているため、まるで現実のようなフィールド。
2Dとは思えない、活き活きと動き回るキャラたち。

やり込み要素、初心者への配慮、何回でも楽しみたくなるHシーンと、盛りだくさんの宝箱といえます。

アナル責めが大半であるものの、「女を屈服させる」「フタナリで行う、倒錯したレズ」といった定番のプレイも完備。
ライターの力量は間違いなくプロで、同業者の視点からも「高いレベル」と断言できます。

余計なことを省き、抜けるHイベントを凝縮した本作は、その文章力と、メインヒロインの声優さんの演技力の2つだけで、お金を払う価値があります。