ロマンある地底探索と恥丘の探索は何となく似ている!どちらも穴だし!

男を誘う穴を持つハスミは、ある日、「7日後の隕石群によって世界が滅びる」と言われました。
テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-は、人知れず戦う少女の物語です。
地下1,000mを越える、過酷な世界で喘ぎ続けるハスミの行く末は……。

富士山の麓にポッカリと開いた大穴

とある隕石が、富士山の麓に落下。
そのせいで、自然に作られていた洞窟とつながり、巨大な孔ができてしまいました。

きっかけは胡散臭いアンドロイド

スラム街にいる、セーラー服の少女。
当然のように男2人に襲われ、狭い穴を拡張され、同時に処女を散らします。

このオープニングイベントでは、1人の男が催眠装置らしき光を目に当てることで、ハスミは急に発情して無抵抗に。
上と下に制服を残す、こだわりの半脱ぎでズンズンと突かれた彼女は、たまらず連続イキです。
そのキメセ○の最中に邪魔……、ではなく、救出してくれたのが、一体のアンドロイド。

「18年前の隕石落下で、もうすぐ本体の隕石群がやってくる。それに含まれている地球外生命体のせいで、人類は滅びます」

ハスミに協力を求めるも、その理由は「今から、他の人を探している時間がないから」という、実にいい加減なもの。
夜のスラム街にセーラー服で行くハスミは自棄で、そのマルコと名乗ったアンドロイドに案内されるまま、富士山の麓にある自衛隊の基地へ移動します。
そこで準備を整えたら、件の隕石を探しに、いよいよ地下へ降りていくのです。

目指すは地下6,500mの前人未到の領域

この『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』は、SFです。
洞窟を進んでいく映画が好きな方にぴったりの雰囲気で、ひたすらに穴に潜っていきます。
股間に穴を持つハスミちゃんが。

オープニングなどで、世界の洞窟といった描写があります。
これは同人エロゲだから、あくまでフレーバーですけど……。

拠点の自衛隊基地から出たら、自分でマップから探索ポイントを指定する形式です。
1つずつダンジョンをクリアしていくのと同時に、より深く潜れます。

洞窟内では、ハスミの周囲だけが丸く照らされていて、本当の洞窟探検のような雰囲気。
声優のボイスはありませんが、会話ウィンドウの左側にキャラの顔が出ます。

【体験版】テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-【スマホプレイ版】もあるから、「自宅にパソコンがないんだけど?」「待ち時間で少しずつ進めたい」という方にもお勧めです。

セーラー服から変身スーツで戦闘モードへ

主人公のハスミは、人類が未到達の地下6,500mまで降りていきます。
もうすぐ滅びる運命にある人類を救うために。

『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』は、健気な少女が1人で神秘的な洞窟をさまよう内容です。
サポートキャラはいますが、探索と戦闘はワンオペ。

RPGのゲームシステムで、戦闘に敗北した時のHイベントを楽しめます。
敗北Hは、40%が催眠系です。
ハスミの視点で描写されるから、ぴっちりスーツの変身姿のまま、快楽でトロトロになってしまいます。

変身すれば、巨大なソードによる、圧倒的な力。
でも、その状態で負ければ、ハスミは覚え込まされた快感を思い出し、身体をラインをそのまま出すボディスーツ越しのコリコリ責めでも、クチュクチュ、「アンアン❤」と鳴き続けた末に絶頂します。

【拘束 × 催眠】のコンボで連続イキ

『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』は、【敵からの拘束&催眠】が大きな特徴です。
体のラインが浮き出る、ラバースーツを身に着けたハスミが乱れる姿は、何度見ても興奮します。

強力な武器でズババッと敵を切り捨てよう

Hなラバースーツに変身すると、高威力の【マイティ・モード】と、スピード重視の【スウィフト・モード】のどちらかに見合った力を持ちます。
たとえば、【マイティ・モード】は一撃が強力で、【触手拘束】などの拘束系ステートに耐性があるのです。
敵によって相性があるため、状況に応じてモードを変えながら、戦いましょう。

戦闘チュートリアルで、スマホの形態になったマルコが丁寧に教えてくれます。
RPGらしく、【体力】のHP、【マルコのエネルギー】であるMP、さらに【マルコ活性化率】のGAINの3つが重要です。

敗北条件には、HPゼロの他に、MPドレインで0になったことでの絶頂を3回した場合もあります。
【絶頂数カウンタ】で、分かりやすく、「今はどれぐらい絶頂したのか?」を把握することが可能です。

普段はセーラー服で、変身するとラバースーツです。
基本的に、バトルで負けることでの敗北H。
ただし、制服のまま敗北しても、そのバトルの終了と、その場で復活のみ。
必ず、変身後のハスミを負けさせる必要があります。

拘束されるとツヨツヨの少女が急に無力化

バトル中には、右側にハスミの立ち絵が表示されます。
拘束に関しては、バトル中に仕掛けてくるため、「強いヒロインが無力になって、喘ぎまくる」というヒロピンを存分に楽しめる作りです。
触手、粘液、蜘蛛の糸、植物、後ろからの羽交い絞め、機械と、そのバリエーションも豊富。

ダメージによる衣服の破れもマニアックで、セーラー服であれば、何とオッパイ2つだけ綺麗に破れて、スカートも股間の部分だけうまく破れます。
まさに職人技で、ラバースーツに至っては、そちらのフェチであれば最高に興奮できる、「手でビリビリと破いた感じ」です。

戦闘で拘束 
→ オッパイや股間を服の上から弄られるか、直接の開発で、羞恥心を感じながらヨガりまくる
→ 快楽でヨワヨワな牝に成り果て、デバフ付きまくり
→ 連続絶頂で発情した女体へ

全体的には、このような流れです。
ねっとりした敗北Hで、ハスミは快楽の虜に。
ゲーム的には、ダンジョンの入口からの再スタートです。

催眠でハスミの全身は性感帯にチェンジ

中ボスも簡単に倒せる、変身後のハスミちゃん。
しかし、わざとデバフ装備を身に着けるか、強制敗北のアイテムを使うと……。

赤色の敵で、変身後の敗北なら、お楽しみの敗北Hです。

バトル中は、着ているセーラー服を破られて、拘束されても、まだ凛々しい顔。
でも、30種類以上の敵が繰り出す、【Hスキル】と、それによる【Hステート】の前ではムダムダ!

拘束による攻撃力低下、一部のスキル封印から始まり。
四肢の拘束、全身拘束と、段階が進んでいきます。
その間にも、大事な股間には、ちょうど包み込み、突き刺せるだけの雄しべなどが張り付きます。
【MPゼロ=絶頂】のため、基本的にMPダメージで追い詰めていくのです。

股間から愛液を吸収。
頭部に取りつけたゴーグルとヘッドフォンで、Hな洗脳パルス。
オッパイの先端に器具が取り付けられ、搾乳。
股間の玩具で、ピストン。

バトル中のHな責めは、漫画のように簡潔に表示されるも、ハスミの戸惑いと、与えられる快楽に惹かれている様子がしっかりと伝わってきます。
いっぽう、敗北Hは、擬音もある一枚絵と、詳しい状況の説明によって、彼女が墜ちていく様子がしっかりと分かるのです。

優等生のハスミはオナニーでおさらい

2日目ぐらいから、自室でオナニーができます。
ハスミは、「体の中に溜まった汚染を除去する」という大義名分の下、安全な空間で背徳の悦楽に浸るのです。

ダンジョンに隠された【専用アイテム】を入手しよう

各ダンジョンに隠された専用アイテムを入手すれば、安全な拠点でオナニーを楽しめます。
【おさらいオナニー】で、普通に攻略する時とは違い、ハスミは自ら墜ちていくことに……。

新しいアイテムを手に入れてから、イベントの発生後に隈なく調べれば、禁断の快楽への道が開けるかも?

たとえば、プルプルしたスライムゼリーがあれば、拠点のベッドの上でお楽しみ。
パンティーを脱いだハスミは、自らM字開脚をして、スライムの侵入を許すのです。
どんな形にも変えられるスライムは、彼女の股間にべったりと張り付き、その縦の割れ目、まさにテイル・アンダークラストへ突入。

皮を被った豆や、内側のクパアッまで、丹念にマッサージされていき、ハスミはたまらずに昇天。
女性視点の描写のため、「本当はやっちゃダメなことだ」と思いつつ、淫乱な本性をさらけ出していく様子を堪能できますよ。

拠点でアブノーマルな快感を味わうハスミちゃん

「人類の滅亡を防ぐため、たった1人で、前人未到の地の底まで降りていく」
そのプレッシャーと心細さは、尋常ではありません。
しかも、敵は卑劣にもハスミの性を刺激して、戦えない状態へと追い込んでくるのです。

『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』のシステムでは、原則的に【一部のバトルの敗北=屈服するまでのH】になっています。
つまり、ハスミの視点では、「絶対に連続でイッて、無抵抗の状態になってはいけない!」となるわけで……。

でも、地上にある拠点は、安全です。
自室から専用アイテムを選択すれば、めくるめくエクスタシーへ。

さんざんに敵から責められて、まだ熟れきっていない胸と股間は、もうジンジンと痺れる状態。
火照った身体を鎮めるためには、やはり同じ敵のアイテムを使うのが一番でしょう。

全12種類のオナニーによって男で満足できない身体へ

隠されている専用アイテムは、全12種類です。
それらを駆使して、女の穴をズッポリと埋めるハスミは、紛うことなき淫乱娘。

ダンジョンに生息している敵は、ハスミの敏感な豆から肉穴に至るまで、ヒダヒダの1枚も逃さずに、マンツーマンで気持ち良くするのです。

探索中は我慢していた、頭の中が真っ白になるほどの快楽。
それを思う存分に味わえることから、ハスミは我を忘れて、ヨガりまくる。
一枚絵は基本的にセーラー服でパンツだけ脱ぎ、白いシーツがあるベッドの上です。

アニメーションや音声はないものの、ハスミが心置きなく「気持ちいい」を貪り、ベッドの上でズッポリと嵌まった触手や粘液に、自ら腰を振っている様子が目に浮かびます。
きっと、胸のピンク色の頂点はこの上なく尖り、股間のお豆もギンギンに勃起しているでしょう。

人間の手や竿、舌では不可能。
だが、突っ込むための棒とも違う、絶妙な責め具は、バトル中にも催眠・催淫で開発されてきたハスミに、最後のトドメを与えるのです。
彼女の初体験であり、永遠の恋人は、人間の男ではなく、星外生物。

7日間で7つのダンジョンを踏破

オーソドックスなRPGとして、【1つのダンジョン攻略=1日の経過】という流れです。
SF作品として、ハスミは人類がまだ知らない未知の領域へ……。

富士山の麓にある自衛隊基地から探索をスタート

自然にできた洞窟が無数にある、富士山。
静岡県、御殿場市へ落下した隕石は、元々あった洞窟を巻き込み、地下6,500mまで到達しました。
その観測のために、富士山の麓に自衛隊基地が作られたものの、本格的な探索は先送りに。

アンドロイドのマルコに誘われ、セーラー服を靡かせるハスミは、1人で戦います。

「普通の少女に見えるハスミが、なぜ危険に満ちた地下を進んでいくのか?」
「マルコは、本当に未来からの使者か?」

様々な謎が増えていく中、薄暗いダンジョンにはH攻撃をしてくる敵や、普通の敵がいます。
マルコの力で変身したハスミは、拘束した上で催眠による連続アクメに注意しながらも、星外生物の本隊がいる隕石群の招来を防ぐために、奮闘。

この時点の人類は、「隕石群に張り付いた星外生物によって、自分たちが絶滅する」という未来を知りません。
そのため、ハスミしか、頼りになる人物はいない状況。

隕石群の招来を防ぐためにハスミは地下深くへ潜る

地下では、酸素不足や、天井の崩落と、様々な危険があります。
場合によっては、溜まった水による天然のプールを潜りつつ、進んでいくのです。
人が行き来することを全く考慮されていない、地球上で最も危険な空間の1つ。

しかし、この『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』は、ゲームです。
固定のマップを進んで、アイテムの回収と、敵の殲滅。
ギミックを作動させつつのイベントで、先に進めるようになります。

基本的に、最深部にいる中ボスを倒せば、そのダンジョンの攻略は完了です。

1フロアの【隠しダンジョン】もあって、特定のイベントを発生させると、中に入れます。
【おさらいオナニー】に使用できる、専用アイテムも入手可能です。
これを拠点にある自室まで持ち帰れば、それによるオナニーを選べます。
なお、隠しダンジョン以外にも、専用アイテムがあります。

氷の洞窟、植物が生い茂っている洞窟と、バラエティー豊かな自然が、ハスミの行く手を遮るのです。
ただでさえ危険な場所なのに、敵対している人間まで……。

エロいだけではなく使命感に満ちたストーリー

拘束と催眠がセールスポイントの本作ですが、そのストーリーは骨太。
ダンジョンでは、ハスミによる独り言や、応じるマルコとのやり取りも、楽しい1コマです。

富士山の麓にある自衛隊基地から出発したハスミは、変身の前後で手にする武器によって、悪人や星外生物を斬り捨てていきます。
その中で見え隠れする、危険な組織。

会話シーンでは、左右にキャラの立ち絵が表示され、まるで劇のようです。
謎解きの中には難しい部類もありますが、「理不尽すぎる!」というほどではありません。
ネットで調べて、サクサクと進めるも良し、自分でじっくりと考えるも良し。

新しい場面では、マルコが「こうしたら、どうですか?」と言ってくれます。
後になってから戻ってくるパターンもあるため、必要ならメモを残しておくことがオススメです。

体験版は、3日目ぐらいまでプレイ可能。
本編の1/3も遊べるのは、まさに同人エロゲの醍醐味といえます。

敗北Hになったら再起不能で、「ハスミは催眠によって、ただのイキ人形に」という結末です。
したがって、本編のハスミは、度重なる拘束と催眠に負けず、自室のオナニーで発散させつつも、最深部へと突き進みます。

なぜか豊富にある石についての豆知識

洞窟とは、本来なら地下の部分にある空間です。
したがって、当然のように、現実の鉱物についても解説があります。

地層にまつわる石のトリビアが豊富

ダンジョン内で光っているポイントには、地下ならではの鉱石もあります。
アイテムではないものの、そこを調べれば、マルコによる詳しい説明を聞けるのです。
ちょっと科学講座で、同人エロゲにあるまじき、理知的な時間。

とはいえ、洞窟には鉱石がつきものので、良い味を出しています。
凝った説明のため、少しでも興味があったら、ご覧になってください。

ストーリーでも、「洞窟の壁に穴を開ける」といった展開があります。
別に、鉱石の種類に応じて、解決方法を入力するわけではありませんけど……。

和製RPGに特有の「お使い」ですが、その雰囲気に嵌まると最高です。
ついでに、ハスミちゃんも、穴にハメられています。

穴と言えば、この『テイル・アンダークラストーハスミと最後の7日間ー』には、フタナリ要素も完備。
ただ、戦闘中は女同士ではなく、機械か男による責めです。
イベントHでは、女同士も。

特定のステージで、特定の敵に付与されたら、拠点で解除するまでフタナリの状態。
他には持ち越せず、絵面はチンチンが生えた美少女ですが、戦闘中は男が責めるため、忌避感を持つ方もいるでしょう。
その点には、ご注意ください。

ロマン溢れる地底探索とSFによる傑作

SFのため、「隕石の落下で、社会や科学技術がどう変化したのか?」も、しっかり描かれています。
小難しい理屈を並べたてず、あくまでエンターテインメントとしての演出です。

「ハスミの相方になったマルコは、新しいモンスターと遭遇したら会話」
「作動させるギミックのところに来たら、また会話」
と、ストレスがありません。

戦闘中のH攻撃で、ハスミが拘束されて無力化。
さらに、催眠で快楽に溺れていく様子が、丹念に描かれています。

漫画のようなカットインで状況を見て、立ち絵もどんどん淫靡に変化。
だらしない顔は赤く、上の口は半開きで、荒い呼吸を続けています。
「気持ち良く、ヨガっているのだな」と丸分かりです。

その一方で、「人格と記憶を焼きつけたアンドロイドは、人間なのか?」という問題提起も。

催眠モノのH攻撃に耐えながら、ハスミは様々な人々と出会います。

ここは、人が暮らしている地表とは全く違う、アンダーグラウンド。
それでも、地球に住む人々の命運は、この暗く、「もう1つの世界」とも言える場所で戦うのです。

催眠でドロドロに蕩けていくハスミは淫乱娘

基本CGは、30枚以上。
【回想部屋】は、勝ってもイベント回収です。
他の同人エロゲにはない、独自のシステムや、丁寧に調整された戦闘バランスと、盛りだくさん!

拘束によって変身少女を無力化して、同時に催眠、媚薬、洗脳によって快楽の渦へご招待。
ほっと一息つける拠点でも、ハスミには段階的なHが待っています。

洞窟の探索と、本来ならば喜ぶベき、未知との遭遇。
RPGとしての要素が面倒に感じるかもしれませんが、それらを乗り越えてこそ、セーラー服やラバースーツの美少女の痴態を見られます。

やっているプレイは、けっこうエゲつないのですが。
催眠で「あんあん!」と快楽墜ちするため、プレイヤーの視点では罪悪感とは無縁。

戦闘の難易度は、高めです。
変身したハスミは、その戦闘での状態異常とHPの劣勢を覆します。
だが、そこすら突破する、星外生物、機械、男たちによる責め。

立ち絵がコロコロと変わり、ハスミの乱れる姿は飽きません。
くれぐれも、わざと負けさせて、歩くオ○ホにはしないよう……。